H.264でニコニコ動画に投稿する方法 - EUROPA(エウロパ)

H.264でニコニコ動画に投稿する方法

h.264で投稿

※08/09/10 AVIファイルエンコード内容変更と追記
最近というか、数ヶ月前から“踊ってみた”という動画をよく見かけるんですが、上手に踊れても動画が汚かったらガッカリだと思います。そこで、今回はFLVよりも高画質(?)に再生することができるH.264に変換する方法を説明していこうと思います。

スポンサーリンク
デジカメで動画を撮ってニコニコ動画に投稿しようではFLV形式の動画をニコニコ動画に投稿する手順を書きました。今回はFLVではなくてH.264という形式に変換する方法を書いていきます。

前回に引き続き、手軽に撮れてさらに高画質なデジタルカメラ「EXILIM Hi-ZOOM EX-V8」、「EX-V7」で撮影した動画をエンコードしていこうと思います。動画が無い場合はカシオの公式サイトにサンプル動画があるのでダウンロードしてください。(他の動画でもかまいません)

サンプル画像(ムービーの4のH.264形式をダウンロードする)

 



■下準備 (引用:ニコニコ動画まとめwiki

AviUtlと、それに関するプラグインを使用するので、まずは初心者の為のAviUtl導入方法(2004/01/21更新)を必ず読んでおこう。
以上を理解した上で、各種ソフトウェア・ツール類をダウンロードしましょう。

AviUtlと各種プラグインのインストール
  • AviUtlダウンロードしzipを展開。パスの都合上C:やD:等、ドライブ直下にフォルダ置くこと推奨。
  • Lanczos 3-lobed 拡大縮小
    AviUtlプラグイン。動画を拡大・縮小するならコレ。綺麗にリサイズできる。
  • 拡張 x264 出力(GUI)
    AviUtlのH.264出力プラグイン。同封されている「readme.txt」を必ずよく読んでおくこと。ダウンロード先は
    2.プログラム → 改造したソフト → x264 詰め合わせ → x264.○○○.rarの最新版
    (更新頻度が高いソフトだが、基本的には最新版で良い)
    解凍したら出てくる「auo」フォルダ内の「x264gui.auo」と「x264gui.ini」を、AviUtl.exeがある階層に入れる。「Plugins」フォルダ等に入れても動かないようなので注意。
  • MP4Plugin
    AviUtlでMP4の編集を行うためのプラグイン。入力とエクスポートの2種セット。ダウンロード先は
    2.プログラム → 改造したソフト → MP4Plugin → MP4Plugin_○○○.rarの最新版
  • Microsoft .NET Framework 3.5 Client Profile
    x264 GUIを起動させるのに必要。Windows XP以降対応。Macには未対応。
    Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)
    x264 GUIを起動させるのに必要。
  • Nero Digital Audio(1.1.34.2だが中身は1.3.3.0)日本語サイト
    Nero Digital Audio(1.3.3.0)英語サイト
    音声設定に必要。
    AAC-LC、HE-AACおよびQ-Based AACのエンコーダ。厳密に言うとエンコードに必要なものは「neroAacEnc?.exe」のみ。
    ※1.3.3.0から2passABRの挙動が変化(改善)しました。
  •  DirectShow File Reader プラグイン for AviUtl
    Windows Media Player(WMV)が読み込めるファイルやFrapsで録画したAVIファイル等を扱えるようにする入力プラグイン。ffdshowをインストールして連携させるとより多くのファイル形式も読み込み可能。
    aviutlからファイル→環境設定→入力プラグイン優先度の設定でこのプラグインを「AVI/AVI2 File Reader」よりも上に持っていかないと動かない。

最終的にaviutl99e2のフォルダ内はこのようになっていれば問題ありません。
0138-10.jpg


H.264(.mp4)に変換するまでの流れ
.movをMediaCoderでAVI(XviD,wave)に変換後、AviUtlで.aviを.mp4にエンコードします。




■ 1.AviUtlで動画を読み込む前に・・・
AviUtlは、AVI形式の映像ファイルとWave形式の音声ファイルがひとつになったAVIファイルじゃないと変換ができないので「MediaCoder」を使ってそのファイル形式に変換します。

MediaCoder本体(ver.0.6.1.4045 Full Pack Installer)
日本語化ファイル-日本語化工房-KUP (0.6.1.4045をダウンロードすること)
Xvid-AVI-europa.xml(MediaCoderプリセットファイル)※右クリックで対象をファイルに保存

■ 1.MediaCoderの設定とエンコード
1. 本体を任意の場所にインストールする。
2. 日本語ランゲージファイルをインストールしたフォルダ内の「lang」に上書き保存する。
  普通は「C:\Program Files\MediaCoder\lang」にある。
3. プリセットファイル「Xvid-AVI-europa.xml」をインストールしたフォルダ(C:\Program Files\MediaCoder)に保存する。
4. MediaCoderを起動しメニューバーの「Options」の「User Interface Language」から
  「Japanese」を選択しソフトを再起動させる。
5. 「ファイル」→「プリセットの読み込み」から「Xvid-AVI-europa.xml」を選択肢する。
6. 「ファイル」→「出力先の設定」から動画の保存先を選択する。
7. 変換したいファイルを放り込み「Start」をクリックもしくは「F5」キーを押す。
8. エンコードが始まる。

エンコードが終わったら「出力先の設定」で選択したフォルダに動画が保存されます。

今回作ったプリセット(Xvid-AVI-europa.xml)は、
オーディオ
- リサンプル 44100Hz
- 音声ファイル Waveファイルに変換
- ノーマライズ かけていません

ビデオ
- Two-passエンコード
- 5500kbps
- フォーマットXviD
- コンテナ AVI




■ 2.mp4出力(プラグイン出力)
AviUtlを開き、先ほどエンコードしたファイルをドラッグアンドドロップします。
「ファイル」-「プラグイン出力」-「拡張x264 出力(GUI)」の順で開いていき、「ビデオ圧縮」をクリックする。
0138-5.jpg

拡張x264 出力(GUI)ウィンドウが表示されたら下の画像のように設定する。
0176.jpg

08/09/10追記
拡張x264 出力(GUI)に誰かが作ってくれたプリセット(ニコニコ動画・一般会員向け)が入っていたようです。ウィンドウ上部のプリセットの下向き三角から「NicoNico高速、バランス、高画質、超高画質」から任意で選択してください。
また、このプリセットはニコニコ動画以外に投稿する場合も使えるので、もっと高画質・高音質にしたい場合は映像と音声のビットレートを上げてください。
※必ず音声のneroAacEnc.exeの指定をしなおしてください。ファイルを指定しなおさないとエンコードできません。


※映像と音声のビットレートの合計は600kbps、プレミアム会員は800kbpsまでです。例えば、映像ビットレートを500kbsにした場合、音声はAAC-LC 96kbps 計596kbpsといったように指定されたビットレートを超えないようにしてください。

設定が終わったらOKをクリックします。

0138-8.jpg
次に出力ファイル名を入力して保存をクリックしてください。エンコードが開始され、.mp4ファイルが出力されたらエンコード作業は終了です。映像や音声(音ずれ)は問題ないか確認してから投稿してください。



■まとめ
H.264形式だとエンコードに時間がかかるんですが、ソフトが2コアやら4コアに対応しているのでFFmpegとくらべると早いみたいですよ。また、エコノミーモード回避という動画も作ることができて、映像と音声のビットレートが310bps以下の動画にするみたいです。ここでいうと■ 4のところを設定すればできますが、動画の場合は映像が荒くなってしまうので、紙芝居みたいな動画だと綺麗に再生されるそうです。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/153-3d4b73bc

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.