謎のブザー音、再開していた―ロシア - EUROPA(エウロパ)

謎のブザー音、再開していた―ロシア

3309.jpg

 ちょうど1年くらい前に、ロシアが30年間流し続けた謎のブザーが突然止まったと記事にしました。このブザーはどのような意図で放送しているのかが不明で、さまざまな見解が出されていました。しかし、この短波放送が再開していたそうです。

スポンサーリンク
 このブザー音はUVB-76または『ザ・ブザー(The Buzzer)』といわれているもので、ロシアが1982年から放送されているものです。放送が開始されてから約30年という年月がたった今も、どのような意図でこのようなブザー音を流し続けているのかは不明です。

Radio Station UVB-76 (The Buzzer)


 こちらが実際に放送されているブザー音です。送信元はロシア、モスクワの北西40kmに位置するポヴァロヴォ、ロジェキ。小さな村の郊外にソ連製水平ダイポールアンテナ「VGDSh」(高さ約20m)が設置されています。

3308.jpg
写真:ザ・ブザーの放送施設


 放送が始まった1982年は2秒おきに短い電子音を繰り返し放送していました。それが1990年に入ると上のようなブザー音へと切り替わりました。また2003年1月16日には音程が異なるブザー音に変更されるも後に現在のブザー音に戻されています。
 このブザー音は録音放送や再生装置から直接放送されてはおりません。ブザーを発生させる装置からその音をマイクで拾う形で生放送しているので、ときおり雑音や会話音が入るときがあるそうです。

音声メッセージ
単調なブザー音が突然中断されロシア語による音声メッセージが放送されたことがあります。これは極めてまれで、2010年9月の段階で5回しか観測されておりません。

5度目の音声メッセージ
≪38, 77, 38, 527, a, 3, 50, 3707, 55, 73, 3, 8, 5, 2, 7,
Anna, Konstantin, Konstantin, Roman, Elena, Caplya, Ivan, Yakov,
3, 5, Dnjyaj, Viljanka, 5, 5, 2, 3,
UVB-76, UVB-76, 38, 527, AKKRECIA,
3609, 55, 73, 3, 8, 5, 2, 7, Anna, Konstantin, Konstantin, Roman, Elena, _,
Ivan, Yakov, 3, 5 ,0, 9, 5, 5[人が "yeah!"と言っているような音], 9, 3.≫



放送の目的
 先ほども書いたようにロシア側からどのような意図があって放送が行われていると発表があったことはありません。そのためさまざまな見解が存在します。以下はその見解。
  • UVB-76の情報やサンプル音声を提供しているあるウェブサイトは「モスクワ軍管区の部隊と新兵募集センターに命令を送信している」と主張。
  • 送信機がある位置がロシア連邦軍参謀本部の通信拠点であると噂から乱数放送(国内外にいるスパイにメッセージを送信)する役割という説。
  • 「旧ソ連全土に対して首都モスクワの生存信号を示し、72時間以上途切れた場合はモスクワに核攻撃がなされたとみなしてアメリカに対する報復攻撃が現場の独自判断で行える」という説(生存信号説)
  • 「核戦争時などの極度の緊張時のために確保されている周波数」という説
  • 「ミサイルの時計の役目」、「データモデム」という説
  • 持続的なブザーが電離層研究のための高周波ドプラ信号である説
 

参照元:UVB-76 - Wikipedia


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/1821-a78727bd

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.