長い間放置されてきた三角コーン、その中には - EUROPA(エウロパ)

長い間放置されてきた三角コーン、その中には

3335.jpg

 置き忘れられた三角コーンとかたまに見かけますよね。今回はそんな長い間放置されていた三角コーンのお話です。

スポンサーリンク
 イギリス南東部にあるノーフォークに住むChris Blakeさんは、芝刈りをしようと通路に置かれた三角コーンを動かそうと持ち上げてみたところ、底の部分にとある生物が住み着いていました。

3331.jpg
問題の三角コーンはノーフォークにあるこの建物の近くの通路に置かれていました。

3332.jpg
こちらが問題の三角コーンです。そして持ち上げてみたところ・・・。

3333.jpg
なんと、底の部分が鳥の巣になっていました。どうやらシジュウカラ科の雛らしい。

3334.jpg
初めてBlakeさんが巣を発見したときは9つの卵が入っていたそうです。しかし、Blakeさんは見なかったことにして帰宅したそうです。それから2週間がたったころもう一度確認してみたところ全部の卵がかえっていたそうです。
「壁の中に作られた巣とか、他にも変なところに作られた巣をいくつも見たことがあったけど、これは僕が見つけた中で一番変なところに作られた巣だね」と語っています。

Blakeさんは「僕がコーンを持ち上げたとき、親鳥は中にいなかったんだけど、片方は近くの木の上にいたみたいで、けたたましく鳴かれたよ」と当時の状況を振り返っています。現在、すべての雛は巣立ちいつものように芝刈りができるようになったそうです。

参照元:ギガジン


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
※記事に関する質問以外、管理人は返信を行いません。
非公開コメント

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/1830-9c6d008a

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.