「さようなら、アレルギー」原因が特定される - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さようなら、アレルギー」原因が特定される

3377.jpg

 軽い症状から死に至る強い症状が現れるアレルギーがあります。今年も花粉症で困った方も多いのではないかと思います。これらアレルギー症状に対し、根本的な治療が可能になるかもしれない、とある物質を特定することに成功しました。

スポンサーリンク
 今回、アレルギー反応が起こる際のきっかけとなる物質を特定したのはイギリス・ノティンガム大学。研究チームは、ネコアレルギーがどのような仕組みで発生しているのか仕組みを解明しました。今回の発見はネコアレルギーだけに留まらず、花粉症からダニアレルギーまでさまざまなアレルギーに対し特効薬を作れる可能性があるとのことです。

 この仕組みを発見したのはAmir Ghaem-Maghami博士。アレルギー症状を引き起こすきっかけを作り出す樹状細胞の表面にあるタンパク質を特定することに成功しました。タンパク質はネコアレルギーの初期段階にしか見受けられないものであるため、このタンパク質を対象とした薬品を開発したり、発する信号を解析することで、症状の軽減が可能となるということです。

Amir Ghaem-Maghami博士 アレルギー疾患に対する問題について。
「イギリスをはじめとした先進国で、この数十年間の間で急激にアレルギー反応に悩まされる人は増えていて、子どもたちの間にも広がっています。治療法の改善にもかかわらず、イギリスでは1日あたり約3人がぜんそくによって亡くなっています。そして、その治療法も、疾患それ自体を治すものではなく、症状を治める対処療法が中心です。」


実用化までには最低でも5年から10年はかかるとのこと。今世紀前半にはアレルギーで悩む人はずいぶんと少なくなるかもしれません。

Photo by gezondheidsnet.nl
参照元:ギガジン


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/1854-2f488f00

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。