中国に渡った旧ソ連の空母、7月1日に試験運転へ - EUROPA(エウロパ)

中国に渡った旧ソ連の空母、7月1日に試験運転へ

3484.jpg

 大連で改装中の旧ソ連の空母『ワリヤーグ』が、中国初の空母として7月1日に海上公試運転されることが明らかになりました。ワリヤーグとはいったいどういう艦なのか合わせて紹介していきます。

スポンサーリンク

引用:中国初の空母、7月1日に試験運転 香港紙 国際ニュース : AFPBB News

【6月22日 AFP】南シナ海(South China Sea)での領有権をめぐる緊張が高まるなか、中国系香港紙、香港商報(Hong Kong Commercial Daily)は21日、複数の中国軍関係者の話として、旧ソ連の空母を改造した中国初の空母の海上公試運転が7月1日に行われると伝えた。

 これによると、最近の南シナ海での緊張の高まりを受けて日程が前倒しになった。「中国海軍の力を誇示し、南シナ海を狙う他国をけん制して緊張を緩和させる」ことがねらいだという。

 海上公試運転の日は、中国共産党創立90周年の日に合わせられた。天候次第では延期の可能性もあり、正式な就航は10月以降になるという。

 旧ソ連の空母「ワリヤーグ」についてはこのブログでも何度か登場しています。過去の記事から、まずはどのような経緯でロシアから中国に渡ったの書いていこうと思います。

中国海軍ハリボテ空母「世忠(ワリヤーグ)」出航 - EUROPA(エウロパ)

 元々、この空母はソ連邦の物でアドミラル・クズネツォフ級(1143.5号計画型)として1985年に起工され、1988年に進水した2番艦です。しかし、1991年12月にソ連邦が崩壊。資金供給が止められ、船体が100%、機関が80%、その他の部分が20%と未完成のままロシア海軍に渡り放置されていました。
 その後、海外に売却されることになりウクライナに渡ったあと、海上カジノとして2000万ドルで中国に渡りました。しかし中国では“海上カジノ”として使用されることはなく、本来の目的である国産空母建造のための資料として徹底的に調査されたとのことです。

 内部の装備はどうなっているのかというと、海外に売り渡される前に搭載済みの計器類は取り外され、エンジンはそのまま残されたもののパイプ、コード類は切断されました。そのため曳航されなが中国に向かったんですが、お約束の嵐に遭遇し曳航索が切れて空母が漂流するというパプニングも発生しています。

 1998年、ウクラナから中国に売却される際、スクラップとして空母を購入したのはマカオの「中国系民間会社」です。(後にマカオの中国系会社はダミー会社であったことが明らかになる)

中国に売却後
(以下はヴァリャーグ (空母) - Wikipediaをまとめ、一部追記したもの)

2005年4月
 その後、当然ながら海上カジノになることはなく、しばらく間何もされず放置されていたんですが、2005年4月26日に大連にある大連造船所の乾ドックにワリヤーグが搬入されます。そこでは、船体の錆落としがされ人民解放軍海軍仕様の塗装がされました。同年8月に湿ドックへ移動します。
 このとき一部メディアが「中国が大連において空母の建造を計画」などと伝えられます。

2007年11月
 中国海軍は2008年に本艦を訓練・試験艦『世忠』として再就役させる意向であると情報がでます。しかし、レーダーなどの電子装備の艤装がほとんど進んでおらず、工事の進捗は順調ではなかたそうです。

2008年末
 中国海軍報道官が2012年までに中型空母を建造保有する計画を発表した際に、本艦(ワリヤーグ)を練習空母として就航、同時に艦載機をロシアから購入する計画があることを表明しました。

2009年4月
 大連造船所のドックから離れ、大連船舶重工集団が大連港に新建した 30万トン級のドックへ移動。
0653.jpg
曳航されながらドックに移動するワリヤーグ

0651.jpg
移動後に行われていた改修の様子

2010年3月
 ドックから同集団所属の大連港の 30万トン級の艤装埠頭へ移動。

2011年6月
 大連市で改装中の中国初の空母「ワリヤーグ」後方から撮影した右舷の写真を公開される。それによると、「ワリヤーグ」には4つの乗艦するための通路があり、その中の2つは艦載機の格納庫に通じていることが分かった。
3482.jpg
3483.jpg
参照元:チャイナネット 中国空母「ワリヤーグ」 改装中の右舷が初公開
艦橋には新たにレーダーが備え付けられていることがわかります。

 7月1日にいったいどういう姿になっているのか。情報が入り次第またお知らせしようと思います。

参考:
中国空母、7月1日に内部の試験航行 10月1日進水_中国網_日本語
中国空母搭載の2つの主な武器システム(4枚)
米誌:「中国の空母ワリヤーグは単なるクズ鉄だ」


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/1894-2e8a75b6

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.