たくまし過ぎる中国人、車内で肉を焼く - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たくまし過ぎる中国人、車内で肉を焼く

3758.jpg

 数日前よりも涼しい日が続いていますが、夏は夏。炎天下の車内はみるみる温度が上がっていき、ドアを開けるとものすごい熱気を感じることがありますよね。そんな熱を利用して、中国では車内で肉を焼いた人がいるそうです。

スポンサーリンク

引用:炎天下の車中に肉を放置するだけで焼肉が完成! 「うまい!」好評の一方で「食べる気がしない」との声も – ロケットニュース24(β)

うだるように暑い夏がやってきた。ついつい「暑くて溶けそう」と口にしてしまうが、エアコンなしの車の中はそれ以上、まさに熱地獄だ。「車内の熱で肉が焼けるのでは?」と、疑問に思う者も少なくはない。そして先日、ついにチャレンジャーが登場した。

実験が行われたのは中国湖南省の省都・長沙市。長沙の7月の平均最高気温は32度、東京よりは少し暑く、大阪とは同じくらいだ。

よく晴れた日の午後1時頃に実験は行われた。準備されたのは、ボウル、アルミホイル、油、味付けされた牛肉と豚肉、つけあわせ用のジャガイモとニンジン、そして炎天下のもとで5時間放置された乗用車である。

続きは引用先から


 熱い日に道路に水を撒くと「ジューー!」と音を立てて水が蒸発していきますよね。「この上に肉を置けば焼けるのではないか…」と考える人も多いと思うんですが、今回、中国湖南省長沙市ではこの暑さを利用し車内で料理を行う実験が行われたそうです。

 用意されたのは、味付けされた牛肉と豚肉、つけあわせ用のジャガイモとニンジン。これらをアルミホイルの上に置き、炎天下のダッシュボードの上に放置しました。実験が行われたのは午後1時頃。2時にはダッシュボード
付近の温度は81.9度になったといいます。

 太陽が沈み始め午後5時に終了。ダッシュボードに置いた肉はミディアムに焼け、野菜は水分が抜けていたといいます。そして、実験者食べてみたところ美味かったそうで、道行く通行人に配ったという。
3757.jpg
 こちらが、実際の肉の写真。焼けているというもよりも水分が飛び乾燥しただけのようにも見えます。この手の実験は簡単にできるんですが、同じようにやってみようという方は食中毒には十分ご注意ください。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2019-09848f56

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。