大規模な『海嘯』で見物客ずぶ濡れに―中国 - EUROPA(エウロパ)

大規模な『海嘯』で見物客ずぶ濡れに―中国

3867.jpg

 今回は日本では耳にしない“海嘯(かいしょう)”の記事を紹介します。この現象をよく目にするのはアマゾン川の映像です。逆流した波に乗りサーファーが遊んでいる様子が入ることがありますが、その時の波を海嘯と呼んでいます。中国では予想外の大規模な海嘯が見られ大勢の見物客をずぶ濡れにしたそうです。

スポンサーリンク
 海嘯が発生したのは中国浙江省杭州市を流れる銭塘江です。銭塘江(せんとうこう)は海嘯が発生するとても有名な河川で、毎年、大勢の観光客が訪れます。海嘯は大小合わせて年に数回あるらしいのですが、2011年8月17日に発生した海嘯は発生した波が岸壁を打ち付け大波となって見物客に降り注いだといいます。

2009年7月22日、中国・海寧における「銭塘江の海嘯」現象。


 17日の海嘯は例年になく大規模に発生し、見物客の少なくとも3名が死亡と発表されています。ちなみに過去にも同じようなケースがあり、07年は11名、09年は8名、10年は4名が死亡または行方不明になっています。

 今年最大の海嘯が発生すると言われているのは9月15日(木曜日)です。国内の旅行会社では海嘯を見る海外ツアーが組まれています。

海嘯 - Wikipedia
 海嘯(かいしょう)は河口に入る潮波が垂直壁となって河を逆流する現象である。潮津波(しおつなみ)とも呼ばれる。昭和初期までは地震津波も海嘯と呼ばれていた。
 この現象が起こるのは河口が広い三角江と言われており、発生する代表的な河川はブラジルのアマゾン川(これを特にポロロッカという)、中国の銭塘江、イギリスのセヴァーン川である。



参照元:レコードチャイナ:河口大逆流の大波「海嘯」に見物客ずぶ濡れ―浙江省杭州市


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2078-e6b64b01

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.