WW2特集 九七式中戦車 チハ - EUROPA(エウロパ)

WW2特集 九七式中戦車 チハ

0229.jpg

最終日の今日は日本の戦車を紹介します。

九七式中戦車は、大日本帝国陸軍・大日本帝国海軍(海軍陸戦隊に供与使用)の戦車。八九式中戦車にかわる新たな主力戦車として、三菱重工業が開発したものである。チハとも呼称され、これは中戦車(チ)として3番目(イ、ロ、ハ)に開発されたことを示している。

概要
本車の出現当時の外国製戦車(初期のIII号戦車やBT-5など)と比較して、装甲厚や主砲口径などスペック的には同程度の性能(実際は対戦車戦闘能力や、操作性などに大差があった)を示したが、もともと対戦車戦闘を考慮した設計ではなく、その後の重装甲・重武装化した新型戦車には対応することが難しかった。
本来、歩兵支援を行い、敵機銃陣地の破壊を目的とした九七式57mm戦車砲の装甲貫通力があまりにも貧弱(初速420m/s)であることに加え、通常交戦距離で国産の九四式37mm速射砲の射撃に耐えられることを基準とした装甲(最大25mm)も薄すぎ、中国国民党軍の装備するPaK 35/36や、ソ連軍の19-K 45mm対戦車砲によって、容易に貫通されてしまった。
太平洋戦争以前の敵対戦車砲や戦車との戦いで問題点が指摘されながらも十分な改善は行われておらず、開戦後に連合軍のM3軽戦車と遭遇して非常な苦戦を強いられたことで、ますます深刻な事態となった。それでもノモンハンでの戦訓から、主砲を長砲身47ミリ戦車砲に換装した九七式中戦車 新砲塔チハが開発されており、その配備が急がれた。これによりM3軽戦車には対抗できるようになったものの、戦争中盤からはM4中戦車が投入されたため、またしても苦戦を強いられることになった。

また、1945年8月18日に、ソ連労農赤軍相手に行われた占守島の戦いでは、九五式軽戦車、九七式中戦車チハ・同チハ改からなる戦車第11連隊(通称士魂部隊。連隊長池田末男陸軍大佐)が、敵戦車不在な事もあり奮戦。濃霧状態で敵対戦車砲や対戦車銃の強固な反撃により連隊長以下96名戦死の被害を出すも、友軍高射砲の水平射撃や援軍の歩兵大隊の協力もあり、敵ソ連軍部隊を撤退せしめ、ソ連の北海道内陸部侵攻による占領を防ぎ結果護りきる事になった。

原因
この後も後継車両の遅れから、九七式中戦車チハは戦争終結まで主力戦車として苦しい戦いを強いられた。一般的に日本の戦車は他国より劣勢といわれるが、原因として以下の理由が考えられる。

  • 日露戦争において決定的に確立された白兵戦至上主義が根強く残る陸軍のもとでは、戦車も他の兵器と共にあくまでも白兵戦の補佐することが主目的とされ続けた。
  • 国内の橋梁は鉄道橋を除けば、当時20トンに耐えられるものは極めて少なかった。また船も18トン以上を荷役できるものが少なく、さらに中国や東南アジアの港にはそうした港湾設備がいくらもないため、それらを改良する国力のない日本には大きな車体が作れなかった。
    当時の日本は生産力も工業水準も他列強諸国に比べ劣っていたので、あらゆる車両を必要量確保することができなかった。そのため兵力の大部分を歩兵に頼ることになり必然的に歩兵支援の戦車開発が続き、相対的に対戦車戦闘に主眼を置いた戦車の開発が遅れた。
  • 太平洋戦線はヨーロッパ戦線(西部戦線・東部戦線)、北アフリカ戦線といった平坦な大陸続きの戦場と違い、南方の諸島という戦場故に海戦・空戦が主体であり、さらに地上戦も島嶼部や小島と狭く点在し、また南方という土地柄から、地盤や地形も極めて悪く高低差もあり、河や谷といった障害や道なき道、樹木生い茂る密林といった作戦領域で展開される事が多かった。したがって、資源に乏しかった日本では軍需品の生産に必要な物資は艦船や航空機へと優先的に配分され、大型装甲車両を含む陸戦兵器の開発及び生産の優先順位が下げられた。

特に最後の航空機への優先的配分は、日本陸軍の戦車と戦闘機の型式番号を見れば、一目瞭然である。陸軍は後継戦車である一式中戦車・三式中戦車 · 四式中戦車 · 五式中戦車を矢継ぎ早に開発しているが、これら戦車は一式中戦車を除いて本格的に量産される事はなく、実戦にも投入されなかった。その一方で、九七式中戦車と同じ皇紀2597年に制式採用された九七式戦闘機はノモンハン事件他でも活躍し、またその後継として一式戦闘機「隼」・二式単座戦闘機「鍾馗」・三式戦闘機「飛燕」・四式戦闘機「疾風」・五式戦闘機が開発され、これら戦闘機はことごとく量産され全てが実戦に投入され戦果を挙げている。

また陸軍は、重戦車の試作、開発もおこなった(九五式重戦車、大型イ号車(1940年)など)が、上記の事情により開戦後の重装甲・重武装の戦車の量産は遅れ、強力な連合軍戦車と互角に対戦車戦を展開できるようになることは一度も訪れなかったのである。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
※記事に関する質問以外、管理人は返信を行いません。
非公開コメント

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/209-73436f3d

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.