地球のものとは思えない植物 - EUROPA(エウロパ)

地球のものとは思えない植物

3953.jpg

「丸くもっこりとした謎の生物。植物のような色をしているが葉がみあたらない。一体これは?!」
空気が薄く乾燥した地に自生するこちらの植物。名前は「ヤレータ」、セリ科の一種で年齢は3000歳以上とのことです。

スポンサーリンク
ヤレータ
 南米、アンデス山脈の標高3,200m~4,500mに自生しているヤレータという植物は砂質で水はけのよい土壌を好むそうです。また栄養が少ない環境でも育ち、土壌はアルカリ性、酸性どちらでもよいそうです。ヤレータは高山特有の強い日射量が必要で日陰で育たないことが分かっています。また多年生植物で年中葉をつけ、ピンクかランベダー色の花を咲かせます。

 成長はとても遅く1年に1.5cmしか成長しません。また現在確認されているヤレータの多くは3,000歳を超えていると考えられています。

3954.jpg

 近くで見るとコケのような葉がびっしりと生えています。ただしセリ科の植物です。

3955.jpg

 日当たりが良ければこのような岩場でも張り付くよう自生することができます。

参照元:地球のものとは思えない緑のモコモコした植物「ヤレータ」:らばQ
ヤレータ - Wikipedia


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2132-3a58a2ac

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.