中国、浜辺に黒い物質が打ち上げられる。「さすがにこれは…」 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国、浜辺に黒い物質が打ち上げられる。「さすがにこれは…」

3975.jpg

 波打ち際に打ち上げられた黒い物質。これは中国の青島第3海水浴場に突如として現れた写真で、さすがの中国人も海水浴をあきらめていたといいます。

スポンサーリンク
原油流出事件と関係?
 日本ではほとんど報道されていませんが、中国山東省沖の渤海にある海底油田から原油が流出しています。汚染面積は東京都の2.5倍に匹敵する5,500km2に拡大しています。この原油流出事故と黒い物質が関係しているのではないかと心配する海水浴客が多く、現在は閉鎖しているとのことです。

サンプル検査の結果
 「過去10年を見ても黒い物質はよく出現している」と冷静に語る市民もいるなか、青島海洋地質研究所はこの物質が何なのか専門的な検査を行いました。結果はこの物質からは石炭、硫黄、アルミニウム、ナトリウムを含んでいることがわかりました。そこから『石炭灰』だということが分かりました。この黒い石炭灰が海底で削られ、潮汐の変化で砂浜まで押し流されたというこのとようです。この石炭灰について「有害な物ではない」とし、市民は心配剃る必要はないと発表しました。

おまけ
 中国では浜辺に打ち上げられた藻の中で泳ぐという、日本では考えられない海水浴を行う人達もいます。
参考:たくまし過ぎる中国人、藻にも負けず海水浴 - EUROPA(エウロパ)
 むしろこっちのほうが心配するレベルだと思うんですが…。

参照元:青島の砂浜で黒い砂が出現 有害物質がないと確定_China.org.cn


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2150-bed0a246

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。