人工植物工場で甘いイチゴを栽培、国内で初めて成功 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工植物工場で甘いイチゴを栽培、国内で初めて成功

4056.jpg

 魅力的な赤い色で、見ただけその甘さが伝わる果物。その形からもデザートでは目立つ位置に置かれる多いイチゴのニュースです。日清紡ホールディングス株式会社は、国内で初めて完全人工光型植物工場でのイチゴの量産栽培に成功しました。

スポンサーリンク
 「イチゴが嫌いな人はいるのか?」そんなことも考えてしまったんですが、デザートやお菓子でも“イチゴ味”というように、私達人類とイチゴは切っても切れない関係になっています。そんなイチゴを一年を通じて安定して供給することができる技術開発に国内で初めて日清紡ホールディングスが成功しました。

あぽろベリー
 完全人工光型植物工場は徳島県にあり、閉鎖環境において人工照明を用いて栽培する施設です。気候や気温の影響を受けることが無いため、均一でほとんど味に差のないイチゴ年間を通して安定した供給が可能になります。

 日清紡ホールディングスは完全人工光型植物工場で栽培されたイチゴを“あぽろベリー”と名づけ、近日出荷されるとのことです。

4055.jpg
写真:完全人工光型植物工場(日清紡ホールディングス)


甘い、一季成りいちご
 工場で栽培されているイチゴは甘くて美味しい“一季成りいちご”という品種です。一季成りいちごは冬から春に実をつけお店に並びます。しかし、夏から秋に実をつける四季成りいちご(夏秋いちご)という品種では酸味が強く、この時期については生食用の一季成りいちごが店頭に並ぶことは殆どありません。しかし、完全人工光型植物工場で栽培に成功したことで、一年を通じて一季成りいちごを供給することが可能になりました。

参考:ニュースリリース|日清紡ホールディングスホームページ
人工光植物工場でイチゴの量産栽培に成功! 日清紡ホールディングス : ギズモード・ジャパン


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2193-133805f2

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。