牛乳は骨を丈夫にしない?ガンのリスクも - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛乳は骨を丈夫にしない?ガンのリスクも

4077.jpg

 アメリカの栄養学者ウォルター・ウィレット博士は、乳製品の大量摂取について「注意が必要だ」と警鐘をならしています。

スポンサーリンク
ガンのリクス、長身のリスク
 ハーバード公衆衛生大学院の栄養学者ウォルター・ウィレット博士は、オランダのエラスムス大学病院で講演を行い、「食品業界が乳製品の大量摂取を勧めるのには注意が必要だ」と述べました。オランダ食品健康センターは1日に3~4杯のミルクを飲むことを推奨しています。

 ウォルター・ウィレット博士が今回行った研究によると、骨折率と牛乳の摂取量はほとんど関係がないことが分かりました。逆に牛乳の取りすぎと前立腺ガンの発生率に相関性を見つけ、牛乳を飲んだことによる身長の増加はある種のガン(乳ガン・卵巣ガン)の発生率に影響を与えるという結果がでたと言います。「牛乳を大量に摂取する人は身長が伸びやすい。とくに成長期に大量に牛乳を摂取するとガンの発生リスクが上がるのでは」と博士は仮説を述べています。

3119.jpg
画像:国別牛乳の消費量と前立腺がんの発生率(生活習慣病を予防する食生活)

1日にコップ2杯まで
 この様なリスクがあることが研究により分かったんですが、乳製品は必ずしも悪者ではないとしています。ウィレット博士は牛乳の摂取の多い人は大腸がんの発生の可能性が減るという相関性も認めています。
 1日あたりどのくらいの量の牛乳摂取が適切なのか、さらに研究を進める必要があるとのことなんですが、一応、多くても1日にコップ2杯までを目処にしたほうがよさそうです。

 牛乳と前立腺ガンのリスクは、アルバート・アインシュタイン医科大学の新谷弘案教授も「牛乳が生活習慣病に罹るリスクを伴う食品だ」と述べています。

参照元:ポートフォリオ・ベルギーニュース


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2205-8e71101e

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。