地下300m、65階建てのビルを設計―メキシコ - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下300m、65階建てのビルを設計―メキシコ

4183.jpg

 かつて人類は意味もなく高い建物を建て財力や権力を示していた時代がありました。これは現在でもより高いとこれろ目指すという人間の性でもあるといえそうなんですが、メキシコではこんな面白い建築物が設計されました。

スポンサーリンク
300mの建築物
 高さ300mのビルの建設は現在の建築技術からすると難しいものではありません。しかしメキシコで設計されたのは高さではなく“地下”なのです。
 高層ビルをそのまま上下反転させたようなビルは“earth-scraper(アーススクレイパー)”と呼ばれているそうで、地下65階建てでその深さは300mになるといいます。

4179.jpg


なぜ地上ではなく地下に建設?
 歴史的な建造物が多いメキシコシティーでは規制により8階以上のビルを建築することできないそうです。そのため、規制のない地下に巨大な構造物を作ってしまおうと設計するに至りました。今回の設計では上部10階には「アステカの博物館と文化センター」を建設。その下に35階分のオフィス部分と10階分のショッピングエリアが設けられ、住宅スペースも10階分が作られるといいます。

4180.jpg

 地上の中央部分はガラスで覆われ自然の光が地下まで降り注ぐように設計されています。

 将来的に建設されるのかは分かりません。仮に世にある建物がこのビルのように地下に作られていたら地上の姿はどうなるのでしょうか。それはそれで面白いかもしれません。

4181.jpg

4182.jpg

参照元:Mail Online


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
No.752 名無しさん 2011-10-17 21:03

絶体絶命都市・・・

コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2252-f8f5ae3c

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。