刺されてから30分、普通に目覚めたタフガイ―日本 - EUROPA(エウロパ)

刺されてから30分、普通に目覚めたタフガイ―日本

4245.jpg

 タフガイシリーズはこれまで幾つか紹介していますが、今回は日本です。なんと首に深さ3cm、幅10cmの傷を負うものの普通に起床したという男性です。

スポンサーリンク
1ヶ月の重傷
 殺人未遂の容疑で逮捕されたのは滋賀県近江八幡市馬淵町の自営業、中野安昭容疑者(32)。10月6日の午前6時30分頃、知人男性宅に侵入。その後持っていた刃物で寝ていた知人男性の首を切り付けたとのことです。これにより深さ3cm、幅10cmという、首では致命的なほど深い傷を付けたんですが、切り付けられた男性は奇跡的にも一命を取り留めました。

刺されてから30分気づかなかった男性
 しかし、切り付けられた知人男性は午前7時に何事も無かったかのように起床します。そこで初めて血が出ていることに気づいたとのことです。その後、負傷した男性の行動は不明ですが、この男性の知らせを受けた家族が119番通報、病院に運ばれたとのことです。

世界にはあるこんな事例
 2010年6月、アメリカのイリノイ州で昨晩行われたパーティーで打たれるもづかず、そのまま就寝。翌日、隣人から「どうして足を引きずって歩いてるんだ」と指摘されようやく撃たれたことに気づき病院に行ったという男性がいます。

 。皆さんにも体に何か刺さってるのに気づかなかったり、いつの間にか知らないアザができていたことはないでしょうか。

参考元:MSN産経ニュース


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2286-9af37266

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.