「キーボードでiTunesを操作できない!」そんな時のスクリプト - EUROPA(エウロパ)

「キーボードでiTunesを操作できない!」そんな時のスクリプト

4273.jpg

 iOS5とiTunes10.5が公開され早速ダウンロードされた方も多いと思います。しかし、何故か私の環境だとiTunes10.5でキーボードに付いている『再生・停止、次の曲へ、前の曲へ』のメディアキーが反応しなくなってしまいました。ということで、今回はこの症状の解決方法について紹介していこうと思います。

スポンサーリンク
どのような症状か
 iTunes10.5で音楽を再生中、バックグラウンドでメディアキーを受け付けなくなるという症状です。ただし、iTunesがアクティブ状態だと従来通り操作ができます。

古いバージョンに戻すも・・・
 メディアキーを使うことが多くあまりにも不便なのでアップルから古いバージョンをインストールしiTunesを起動した所「ライブラリーが新しいバージョンで作られているので起動できません」という趣旨の警告が出て、起動することができませんでした。つまり、古いバージョンも再インストールも無駄だということです。

画像:キーボードのメディアキー
4274.jpg

解決方法
 解決方法は意外と簡単です。詳しくはiTunesをバックグラウンドで操作するWindows用スクリプト(WHS)(aquapple)を見ていただければ分かると思うんですが、今回はさらに簡単に4つの再生・一時停止、次の曲へ、前の曲へ、停止のスクリプトファイルを用意しました。

■ダウンロードはこちらから
iTunesスクリプト.zip


 利用方法は以下の通りです。
(ダウンロードしたスクリプトをダブルクリックし、操作できるかどうか試すこと。操作できない場合は、このスクリプトそのものに不具合があります。また、このスクリプトを登録することでiTunes以外でのプレイヤー操作は行えなくなります。)

キーボードのプロパディ


4275.jpg
キーボードのプロパティを開き『キーの設定』から設定したいキー、例えば「再生・一時停止」だったら上の画像の用に選択します。

4276.jpg
続けて「プログラムを起動するか…」を選択し「次へ」

4277.jpg
ダウンロードしたファイルをデスクトップ上以外の場所に保存、参照をクリックし任意のスクリプト、ここでは再生・一時停止.jsを選び完了をクリックします。

これで設定は完了で。他のメディアキーも同様にスクリプトファイルを選択して下さい。

参考、スクリプトファイル:aquapple


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2293-904b5039

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.