甘いものが好きな人、感じが良く人助けする傾向?―米科学者 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘いものが好きな人、感じが良く人助けする傾向?―米科学者

4282.jpg

 数年前からスイーツという言葉が流行っていますが、なんとこういった甘いものが好きな人、つまり甘党の人は感じが良く人助けをする傾向があるという、研究結果がアメリカの研究者により発表されました。

スポンサーリンク
 甘党の人は感じ良く人助けする傾向という論文が掲載されたのは学術誌「Journal of Personality Social Psychology」。この研究では甘いものを好むことと思考や行動との関連性を調査しました。調査はゲティスバーグ大学やシカゴのセントザビエル大学、ノースダコタ州立大学の研究者計500人超が参加したようなんですが、その結果は「甘くない食べ物よりチョコレートを食べた人の方がボランティア活動に参加したり、困っている人を助けたりする傾向が強かった」というものでした。

 この研究結果について、ゲティスバーグ大学の心理学教授、ブライアン・メイヤーズ氏は「周りに手を差し伸べる友好的な人を『スイート(甘い)』と形容するのは特筆すべきこと」と語ったそうです。


4283.jpg
Photo:『第3回 全国スイーツマラソン in 北海道・ルスツ』スイーツガールズのみなさん

 この研究結果は甘いものを食べた後の幸福感や満足感が影響したものではないとし、調査チームは苦さや辛さについてはコメントできないとしている。また、ただ、甘いものを好むからといって、性格がより外向的または神経質などとは言えないとしている。

 別の調査では、調査参加者に対して、「好物はチョコレート」などの一文を添えた無表情の人の写真を見せた。 その結果、甘いものが好きという人に対して、気立ての良い人と認識する傾向があることも分かったとのことです。


 確かに、「辛くて苦いも」のを好物に挙げる人よりも「好きなものはチョコレートです」と主張する人のほうが、なんとなく「優しのかな」という雰囲気を感じるそうな気はしますよね。しかし、肝心のそれを主張する場面が少ない。今度こういったことを発言する場面が訪れた場合は、みなさんも一度使ってみてはいかがでしょうか。

参照元:エキサイトニュース


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2298-81c845b8

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。