高層マンション傾く、住民避難―中国 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高層マンション傾く、住民避難―中国

4341.jpg

 浙江省台州市の高さ68メートルの高層マンションが傾き周辺の住民も含め避難を始めました。

スポンサーリンク
専門家「設計の範囲内」、でも・・・
 浙江省台州市玉環県にある高さ68メートルの高層マンションが傾き周辺の住民も含め避難する事態になっています。
 問題のマンションは今年の6月頃から傾き始め、専門家は「設計の範囲内のことだ」としていたものの、9月末からから傾きが大きくなり、10月に県政府が住民の退去を決定しました。11月に入り調査を行ったとろ、地下にある柱が20cmほど押しつぶされており建物全体が沈降しているということがわかりました。

 このマンションは今年の1月に完成し9月までに18世帯が入居していました。マンションの開発者側は避難した住民の宿泊費と食費を支払っているとのことです。

 このマンションについて中国のネットユーザーは「パクリ版ピサの斜塔だ」と揶揄する声や、「これ以上傾いていくと、イタリア人から権利侵害で訴えられるかも」などと発言する人もいたそうです。

4342.jpg
画像:浙江省台州市の位置


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
No.794 名無しさん 2011-11-11 18:58

これカメラが傾いてるだけなんじゃないの?
そうでないなら、周囲のビル群も右に傾いてるように見えるんだが…

コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2328-1d04ae1d

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。