北朝鮮、ラジオのチャンネルを接着剤で固定 幹部専用車も - EUROPA(エウロパ)

北朝鮮、ラジオのチャンネルを接着剤で固定 幹部専用車も

4360.jpg

 通常ラジオは自分で好きなチャンネルを合わせることができますが、北朝鮮はそれを阻止しようと大規模な「接着剤作戦」なるものが開始されていたといいます。どうしてチャンネルを変更させたくないのか。どうやら某大佐の死亡が原因のようです。

スポンサーリンク
接着剤作戦
 韓国紙・中央日報によると北朝鮮当局はリビアのカダフィ大佐が死亡したニュースを国民に知られないよう、中国製の接着剤を使って国中のラジオのチャンネルを自由に回せないようにしていると報道しました。

 記事によると、カダフィ大佐が死亡してから10日以上経つが、北朝鮮国民の大多数はそのニュースを知らないといいます。同大佐が死亡した10月20日、北朝鮮では韓国のテレビドラマなど海外のCDやDVDの流入を取り締まる機関「109常務」がただちに大規模な「接着剤作戦」を開始。一般家庭だけでなく幹部専用車についているラジオまでその対象となったといいます。

109常務
 不法な映像および音響製品、出版物などを取り締まる検査機関。韓国製ドラマや海外からの映像などの国内への流入を監督している。


 「109常務」は最近では韓国哨戒艦「天安」号の沈没事件や延坪島砲撃事件の情報も流入しないよう取り締まりを行なっています。北朝鮮の事情に詳しい筋によると、それでも何らかの形でカダフィ大佐の死亡を知り、議論を行った女子医大生1人と市民7人が労働教養所に送られたといいます。このほか、この件を話題にした女子中学生の両親が処罰を受けたそうです。

北朝鮮とラジオ
 北朝鮮の人口は約2500万人。そのうち100万人以上が海外のラジオ放送を隠れて聞いているとみられています。こうした状況について、記事は「北朝鮮政府は情報統制が不可能となっており、海外のラジオ放送が人々の現政権への忠誠を打ち砕いている」と指摘しています。

 近々北朝鮮で日本対北朝鮮戦が行われますが、こういったラジオといった通信機器の北朝鮮国内の持ち込み、又はその様な話題について、十分に注意したほうがいいかもしれません。

参照元:エキサイトニュース


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
※記事に関する質問以外、管理人は返信を行いません。
非公開コメント

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2332-fba14825

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.