原発作業用、ロボットスーツを開発 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発作業用、ロボットスーツを開発

4378.jpg

 体に障害がある人の動きをサポートするため筑波大学の山海嘉之教授らが開発した“身につけるロボットスーツ”。今回の福島第一原発事故で現場でも使えるように改良したものを発表しました。

スポンサーリンク

引用:原発作業に「ロボットスーツ」を NHKニュース

 茨城県つくば市のベンチャー企業が、体に障害がある人の動きをサポートするために開発した身につけるロボット、「ロボットスーツ」を、東京電力福島第一原子力発電所の作業現場でも使えるよう改良し、注目されています。

 このロボットスーツは、筑波大学の教授らが参加したベンチャー企業が開発しました。

 脳から出る電気信号を捉え、足の外側に付いている板状の部品をモーターで動かすことで足の力を補う仕組みで、もともとは体に障害がある人やお年寄りのために開発されました。
 今回、原発の作業現場でも使えるようにしようと補う力を強くしたり、材質を頑丈にしたりして改良しました。

 ベンチャー企業によりますと、福島第一原発に人が立ち入る場合、放射線から身を守るために金属製の重さ15キロの防護服の着用が必要とされていて、このロボットスーツを装着すれば、最大60キロ分の重さまで耐えられるということです。

 今月1日には、つくば市内で原発での作業を想定した実験を行い、狭い空間でのがれきの撤去や設備の修理などの作業が行えるかどうか、機能を試したということです。

 開発した、筑波大学の山海嘉之教授は「ロボットスーツを装着すると原発の建屋内での多くの作業ができるようになると思う。また長時間の作業も可能になり収束活動全体が短縮できる可能性がある」と話しています。


 筑波大学の山海嘉之教授のロボットスーツということで、元になったのは『HAL』で間違いないでしょう。

Hal, the new Robotsuit


 HALは上半身についてもサポートできるタイプもあるようなんですが、今回つくばで行われた実験の写真を見るかぎりだと動画のような下半身だけのタイプのようです。

 放射線量の高いエリアでは鉛、最近はタングステンや軽いデムロンという素材から作られた防護服を着る必要があるんですが、その重さは引用先には15kgと書かれています。通常であれば15kgというのはさほど問題になるような重さはでないと思うんですが、マスクや何重にも防護服を着なければならず、その状態で作業を行うというのは困難ということなのでしょうか。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2336-326bbdf4

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。