世界で最も高額な写真は“加工写真” - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界で最も高額な写真は“加工写真”

4398.jpg

 カメラが登場してから約180年。現在まで撮影された写真は合計で3兆5000億枚などとも言われていますが、その中でも最も高額な写真とは何かご存知でしょうか。

スポンサーリンク
 カメラが登場し初めて写真が撮影されたのは1826年(1827年?)と言われています。現在は携帯電話から地球を離れ宇宙空間を漂う探査機にまでカメラが搭載されています。現在まで3兆5000億枚撮影され、毎秒2500枚前後撮影されているとも言われるんですが、その中でも最も高額な写真は何かご存知でしょうか。

最も高額な写真
4395.jpg
 「当然歴史があり世界を動かした決定的瞬間を撮ったもの」と思いきや最も高額な写真はこちら「Rhein II」です。これはドイツの写真家、アンドレアス・グルスキー氏の作品で価格は430万ドル(約3億3000万円)。
 撮影場所はドイツのライン川で、なんとデジタル処理により人、建物、自転車などが削除されている加工写真です。本人は「21世紀における人間と自然の関係性の劇的で深遠な反映を写し取った作品だ」などと述べています。

4396.jpg
 次に高額な写真はこちら、シンディ・シャーマンの「Untitled #96」。価格は390万ドル(約3億円)。こちらの写真は1981年に撮影されたもです。


 どうしてここまで高額なのか一般人には理解できるものではないようです。最後におまけとして地球上に存在する最も古い写真を紹介して終わっておきましょう。

4397.jpg
 1838年、ルイ・ジャック・マンデ・ダゲールが撮影した世界最古の写真(フランス、パリ)

参照元:ギズモード


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2348-6a8ae732

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。