乗務員、乗客全員に130ポンドの支払い要求 - EUROPA(エウロパ)

乗務員、乗客全員に130ポンドの支払い要求

4446.jpg

 インド発英国行きの旅客機で乗務員が乗客全員に130ポンド(約1万6000円)を請求していたことが明らかになりまいた。

スポンサーリンク
バーミンガムに行きたければ金を払って
 インド北西部のアムリツァルを離陸したイギリスボーミンガム行きのチャーター便で変わった珍事件がありました。なんと給油に立ち寄ったオーストリアの空港で、乗務員が「給油や空港への支払いがあるので、バーミンガムに行きたければ金を払って欲しい」と言い、乗客180人に1人当たり130ポンド(約1万6000円)を現金で支払うように要求してきたといいます。

 これにより乗客は空港内にあるATAに行き来するなどし、全ての支払いが終わるまで7時間もかかったといいます。

 チャーター便を運航するコムテル航空(オーストリア)によれば、トラブルは航空券を販売した別の企業が今週経営破綻したことが原因だということです。乗客の1人は英テレビ局に対し、「まるで自分たちの意志に反して人質に取られたみたいだった」と語っています。なぜ乗客が機内で金を払う事態になったかについては、機体と乗務員を提供しているミント航空(スペイン)とコムテル航空の間で主張が対立しているとのことです。

参照元:CNN
 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2369-633b52b6

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.