YouTubeに4:3のHD動画を投稿する方法 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTubeに4:3のHD動画を投稿する方法

0271.jpg

YouTubeがハイビジョン(HD)化し注目を浴びています。最近はYouTubeの再生画面もワイド(16:9)になり、大きな画面で見ることができるようになりました。
今回は4:3の動画を高画質でアップロードする方法を紹介していこうと思います。

08/12/13追記
FFmpag使用時にエラーが出た問題を解決。以下のソフトをインストールしてください。
Microsoft .NET Framework 3.5 Client Profile(XP、Vista用。2000は非対応?)
Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)

08/12/7 追記
映像コーデックにMEncoder(自動選択)を使用したプリセットファイルを追加しました。



スポンサーリンク

■注意
再生時間が10分以上の動画は投稿できません。
また、動画を投稿してもFLV(低画質)でしか再生できない場合があります。投稿した動画の長さにもよりますが、10分程度してから「&fmt=22」を付けて再生してください。


以前紹介したように16:9の動画は、1280x960の解像度でアップして「&fmt=22」付けるとハイビジョンで再生することができます。4:3の動画の場合は「&fmt=22」を付けても再生はできますが、低画質になってしまいます。
まずは、低画質を回避するためにどのような動画なら良いのか知る必要があります。いろいろ動画を作ってアップしたので、紹介したいと思います。

■撮影機材・素材動画について
カメラ・・・カシオ EX-V7
素材動画・・・MOV形式、H.264/AVC準拠 640x480 30フレーム/秒
ライダーさん・・・不明

以上の動画を1280x720や1280x960にアップコンバートして投稿しました。


■1.1280x720左右黒ベタ

■ハイビジョン版(&fmt=22)はこちら

■元動画
映像:H264 1280x720 1978kbps
音声:MPEG-4 AAC LC 195kbps

■アップ後の動画
映像:H264 1280x720 1999kbps
音声:MPEG-4 AAC LC 241kbps

この動画は4:3の動画に左右に黒帯を追加して無理やり16:9の解像度にしました。そのため、上のような埋め込み形式だと上下左右に黒帯が追加されているように見えます。また、フルスクリーンにしたときに、上下に黒帯が出てきます。原因は不明です。



■2.960x720左右黒ベタ無し

■ハイビジョン版(&fmt=22)はこちら

■元動画
映像:H264 960x720 1984kbps
音声:MPEG-4 AAC LC 195kbps

■アップ後の動画
映像:FLV 320x240 ビットレート不明
音声:MP3 64bps サンプリング周波数 22050hz

縦の解像度をハイビジョンと同じ720にあわせて投稿した4:3の動画です。この動画の場合は埋め込み表示、YouTube標準の高画質(&fmt=18)で再生すると普通に再生されますが、ハイビジョン(&fmt=22)で再生すると、画質が著しく低下してしまいます。



■3.1280x960 XviD 高ビットレートで投稿

■ハイビジョン版(&fmt=22)はこちら

■元動画の詳細
映像:XviD 1280x960 4989kbps
音声:MP3 192kbps

■アップ後の動画
映像:H.264 960x720 1992kbps
音声:MPEG-4 AAC LC 246kbps

この動画はXviDというコーデックで変換し投稿した動画です。解像度を1280x960(4:3)にしました。横を1280にすることにより4:3の動画でも高画質で再生することができました。埋め込み表示、ハイビジョン再生とも問題ありません。



■4.1280x960 XviD 低ビットレートで投稿

■ハイビジョン版(&fmt=22)はこちら

■元動画の詳細
映像:XviD 1280x960 1654kbps
音声:MP3 192kbps

■アップ後の動画
映像:H264 960x720 1962kbps
音声:MPEG-4 AAC LC 246kbps

この動画は映像のビットレートを下げてアップロードした場合、投稿後の再エンコードでどのような画質になるのか確認するためにつくりました。



■画質の違いを検証してみる
XviDでビットレートが違う場合(4989kbpsと1962kbpsの動画をアップした場合)
0272.jpg
左が映像:XviD 1280x960 4989kbps、右が映像:XviD 1280x960 1654kbpsの動画です。
違いはほとんど見受けられません。

XviDとH.264の違い
0273.jpg
左が映像:XviD 1280x960 4989kbps、右が映像:H.264 1280x720 1978kbpsでアップした動画です。雪面を見るとH.264で投稿した動画は色がつぶれてしまっています。エンコードの設定ミスなのかどうかは分かりません。



■結果
今回の結果から、エンコードに時間がかるH.264にしなくても、XviDで十分だということがわかりました。4:3の動画は1280x960にしてアップすると、YouTube側が960x720に再エンコードしてくれます。



■4:3の動画を作る
ということで、今回はXviDにエンコードしていこうと思います。

本体と日本語ファイルのダウンロード
MediaCoder本体(ver.0.6.1.4045 Full Pack Installer)
日本語化ファイル-日本語化工房-KUP (0.6.1.4045をダウンロードすること)

プリセットファイル(右クリックから「対象をファイルに保存」すること)
※まれにMP3の方でエラーが出て出力されない場合があります。そのときは二つ目の4_3YouTubeHD_AAC.xmlでエンコードしてください。

4_3_FFmpeg2.2kYouTubeHD_MP3.xml (FFmpeg 映像2200kbps 音声MP3)
4_3_FFmpeg2.2kYouTubeHD_AAC.xml (FFmpeg 映像2200kbps 音声AAC)
4_3_FFmpeg3kYouTubeHD_AAC.xml (FFmpeg 映像3000kbps 音声AAC)

上記のプリセットファイルでエラーが出た場合は、下のプリセットファイルを使用してください。
4_3_MEcdoder3kYouTubeHD_mp3.xml

追加ソフトウェアのインストール
FFmpegを使用するには以下のソフトが必要です。かならずインストールを行ってください。
Microsoft .NET Framework 3.5 Client Profile(XP、Vista用。2000は非対応?)
Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)





■ MediaCoderの設定とエンコード
1. 本体を任意の場所にインストールする。
2. 日本語ランゲージファイルをインストールしたフォルダ内の「lang」に上書き保存する。
  普通は「C:\Program Files\MediaCoder\lang」にある。
3. 任意のプリセットファイルを本体のインストール先(C:\Program Files\MediaCoder)に保存する。
4. MediaCoderを起動しメニューバーの「Options」の「User Interface Language」から
  「Japanese」を選択しソフトを再起動する。
5. 「ファイル」→「プリセットの読み込み」からダウンロードしたプリセットを選択する。
6. 「ファイル」→「出力先の設定」から動画の保存先を選択する。
7. 変換したいファイルを放り込み「Start」をクリックもしくは「F5」キーを押す。
8. エンコードが始まる。
9.YouTubeに投稿する。



■画質や音質を上げたい場合
やり方は簡単です。ビットレートをあげれば上げるほど画質、音質がよくなります。
ただし、ファイル容量が大きくなるので必要に応じて調整してください。

0308.jpg
0309.jpg

またMediaCoderから「変換」→「クロッピングから効果」→非ブロック化の縦と横方向にチェックを入れる→「適用」
をすることで若干画質があがります。また、ここの画面で画面の明るさ等を変更できるので、必要に応じて調整してください。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
No.109 あぶパ 2009-01-18 18:06

始めまして、最近、動画の投稿をしています、あぶパと申します。
動画変換の記事を拝読させて頂きました。
本当に、勉強になります。
1つ、分からないことがあるのです。
YouTubeに、ステレオ音声で、投稿するには、
どのように変換すると良いのでしょうか?
いきなりの質問で申し訳ないのですが、ご存知したらお教えください。
よろしく、お願いを致します。

No.110 EUROPA 2009-01-18 20:06

アップしたい動画がどのような状態なのか分からないのですが、片方のスピーカーからしか音が出ないということでしょうか?
その場合は、MediaCodaerの「オーディオ」タブにある「チャンネル」を変更してください。例えば、左側からしか音が聞こえないのであれば「Mono (Left)」を選択しエンコードを行うと、音はモノラルですが右側のスピーカーからも同じ音が再生され、なんちゃってステレオになるはずです。

コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/240-dd51f286

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。