部屋を出ると記憶が途切れる、研究により明らかに - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部屋を出ると記憶が途切れる、研究により明らかに

4533.jpg

 みなさんは、探し物など何か考え事をして部屋を出たものの、何をしに部屋を出たのか忘れてしまうことはないでしょうか。実は単なる物忘れではなかったことがノートルダム大学の研究者らにより明らかになりました。

スポンサーリンク
単なる物忘れではなかった
 何かを探しに部屋を出たものの、ほんの短い間に何を探していたのか忘れてしまった経験は皆さんあると思います。これを歳のせいだと理由を付けている方がほとんどだと思いますが、実はそうではなく、人間はドアをくぐり抜けた瞬間に、ふと記憶が途切れてしまう傾向があるということをノートルダム大学のガブリエル心理学教授が解明しました。

 これは学術誌「Quarterly Journal of Experimental Psychology」に掲載されたもので、物忘れのような現象は、脳が部屋とドアの外の空間に活動を切り分けてしまうために、直前の記憶を忘れてしまうと仮説を立てています。これは歩いた距離などは関係ないと考えられていて、同じ距離を歩いた場合、部屋内と部屋の外を出た時では、部屋の外を出た時に記憶がなくなるという研究結果が出ています。

 ただし、どうしてこのような現象が発生するのかはよく分かっておらず、とりあえず部屋を出る、出ないで記憶に差が生じる仮説が実証されたという研究結果のようです。

参照元:ロケットニュースギズモード


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2407-2167a6cd

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。