「ネコを助けろ!」12時間かけて救出するも、出てきたのは・・・・ - EUROPA(エウロパ)

「ネコを助けろ!」12時間かけて救出するも、出てきたのは・・・・

4580.jpg

 狭いところが好きなネコさん。イギリスのとある小さな村で12時間をかけたネコ救出作業が行われました。みんなが見守るなか救出された・・・そのとき!!

スポンサーリンク
リサイクル品回収箱からネコの声が
 事の発端は村に置かれているリサイクル品回収箱の中から「ネコの鳴き声が聞こえる」と村民から知らせがあったことです。実は時を同じくして動物保護団体の職員が輸送中の猫をうっかり放してしまい、そのまま逃げだすという事態が起きていました。このことは村じゅうにひろがり、多くの人がかけつけたといいます。

 しばらくすると救助隊が登場し英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)の職員らも駆けつけ救助を行うという大規模なことになりました。実はこの回収箱、衣類専用のものだったんですが、鍵がかかっている上に壊れてる状態でした。現場では開けることができないと判断し、30km離れた専門の会社まで運ぶことになりました。

4578.jpg

救助されたネコ
 通報があってから実に12時間。ようやくこじ開けることに成功しました。救助されたネコはこちらです。

4577.jpg

 にゃ、にゃんと、中から出てきたのはぬいぐるみのネコさんでした。救助にあたった職員はこのように述べています。「ぬいぐるみがいっぱい入った袋を開けると中には猫のぬいぐるみがありました。まさかこれじゃないよなと冗談で言っていたら、本当にその猫がニャーニャー鳴きだしたのです」。どうやら足を触るとニャーニャーと鳴く仕様だったそうです。

 移動させたり鍵を解除したりと、かなり大がかりな事態に発展したにもかかわらず、おもちゃの猫だとわかった瞬間、その場にいた全員笑いが止まらなかったといいます。
 動物保護団体の職員が離してしまったネコは現在も行方不明とのこと。

4579.jpg
写真:行方不明のネコ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2427-2b67cb00

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.