ドイツ、不発弾処理で4万5000人避難 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ、不発弾処理で4万5000人避難

4582.jpg

 ドイツ西部に位置するコブレンツ。街を流れるライン川で、大型の不発弾が見つかり4万5000人が一時避難するという出来事がありました。

スポンサーリンク
ライン川から見つかった大型爆弾
 モーゼル川とライン川が合流するドイツ、コブレンツ。ライン川の景観が良いというこの街では観光産業がとても盛んです。今月4日、このライン川から第二次世界大戦中に使用された重さ1.8トンの不発弾がみつかり、街の人口のおよそ半数、入院患者から受刑者まで4万5000人が一時避難する騒ぎになりました。
 不発弾は先月、ライン川の水位が下がったことで発見されました。不発弾処理の専門家はロイターテレビに対し、不発弾が長年にわたり水中にあったため、撤去作業は特に危険だったと語りました。

不発弾の正体は
 調べてみるとこれはイギリス軍が当時使用していた「クッキー」もしくは「ブロックバスター」と呼ばれる爆弾のようです。重量は4,000ポンド (1,816 kg)。街の1ブロックを吹き飛ばすほどの威力からそのような名で呼ばれていたそうです。他には8,000ポンド、12,000ポンドが存在します。コブレンツへの爆撃は1944~45年に行われました。

4581.jpg
写真:モスキートに搭載されるブロックバスター

参照元:エキサイトニュースヒューイ&デューイの日記


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2428-f0921cc6

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。