脳を食うアメーバ、アメリカで2人死亡 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳を食うアメーバ、アメリカで2人死亡

4681.jpg

 発症してから10日程度、致死率は95~98%という恐怖の殺人アメーバ「フォーラーネグレリア」をご存知でしょうか。最近アメリカで2人を死亡させたアメーバは、実はみなさんの身近にも潜んでいるそうです。

スポンサーリンク
フォーラーネグレリア
 水温25-35度の環境を好むフォーラーネグレリアは池や湖、温泉等、適温の水に潜んでいます。感染経路は傷口や鼻で、感染力自体は強くなく飲水として飲んだ場合は基本的に侵されることはありません。

体内に入った場合
 鼻から侵入したフォーラーネグレリアは嗅神経から脳に移動します。感染から4日~1週間程の潜伏期間の後、発症すると発熱・悪寒・頭痛、激しい嘔吐を引き起こします。そして意識が混濁して発症からわずか10日あまりの短い期間で死に至ります。発症した場合の致死率は95%とも98%とも言われています

4682.jpg
写真:ネグレリア・フォーレリ

過去の事例
 フォーラーネグレリアにより死に至ったケースは多くはありませんが発生しています。2011年9月アメリカ、カンザス州では湖で水泳した人が入院後5日で死亡。ルイジアナ州では鼻うがいをした男女2名が死亡、フロリダ州では30人が、バージニア州でも12人が死亡しています。
 また日本でもわかっているだけで1件存在し、1996年11月17日、25歳の女性が感染し27日午前に亡くなっています。

温泉、銭湯にもいるフォーラーネグレリア
 2002年の国立感染症研究所による全国の温泉やスーパー銭湯など210カ所で、病原性アメーバやレジオネラ菌の調査を行い、60%以上の施設で原発性アメーバを発見したとしています。そのうち9%程がフォーラーネグレリアでした。病原性アメーバ類は内風呂・露天風呂・ジャグジーなど、主として循環器を使用する温浴施設で多く発見されています。

参考:NAVERまとめ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
No.834 名無しさん 2011-12-24 21:37

ドクターハウスで見た

コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2474-204f01ae

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。