福井県越前町で魚雷らしき物体発見 - EUROPA(エウロパ)

福井県越前町で魚雷らしき物体発見

4780.jpg

 6日、福井県越前町にある大樟漁港をパトロール中の海上保安官が直径15cm、長さ90cmほどの魚雷らしき物体を見つけたと同県鯖江署に通報がありました。

スポンサーリンク
 通報があった鯖江署の調査によると、ロケット型の物体で鋼鉄製と見られ、大半が茶色く錆びていたといいます。現在、謎の物体にシートを被せ人が近づかないように規制線をはっているといいます。

 海上保安部は地元住民の話しとして「去年12月中旬頃から置いてあった」と説明しているそうです。この物体を見たという近くの住民は「何かさびた古いものが置いてあると思った。こんなに大騒ぎになるなんて」と驚いた様子だったといいます。

 県警生活環境課は名古屋市守山区の陸上自衛隊守山駐屯地に写真を送り、調査を依頼しています。危険物と判明すれば自衛隊が回収、処理を行うそうです。

この物体は魚雷か?
 直径15cm、長さ90cmという長細い形をしているんですが、調べてみると日本にある魚雷は小さいやつで直径は30cm以上、長さについては280cmということで、少なくとも魚雷ではない可能性が高いです。「ロケット型をしている」とのことで、どこかが打ち上げた小型ロケットか自衛隊で使われているミサイル等の可能性が高い気がします。

過去にあったこんな事例
 海外では浜辺に魚体が打ち上げられたり網にミサイルが引っかかったというケースが存在します。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2517-fb79cee0

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.