人間、イカと同等かそれ以下の可能性 - EUROPA(エウロパ)

人間、イカと同等かそれ以下の可能性

4805.jpg

 地上を支配していると言っても過言ではない人間。当然人間は「食物連鎖の頂点に立っている」と思いがちなんですが、実はイカと同等かそれ以下だということが分かりました。

スポンサーリンク

引用:食物連鎖を数値化、イワガニは2・5…人間は? : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 食物連鎖は、光合成でエネルギーを得る植物を底辺に、肉食動物を上位にしたピラミッドで表される。しかし、海藻、貝、魚と様々な動植物を食べるカニは、どこに位置づけられるのか、詳しくはわからなかった。同機構の力石嘉人主任研究員らは、食物連鎖の上位にいくほど、細胞内の2種類のアミノ酸に含まれる窒素のうち、窒素15というタイプが一定の割合で増える点に着目。植物を1として生物を原則1~5にランク付けする手法を開発した。

 その結果、イワガニは小魚と動物プランクトンの中間の2.5、小魚と動物プランクトンの両方を食べるスルメイカは3.6と判明。陸上生物でもブロッコリーが1、青虫が2、アシナガバチが3と判別できた。人間の場合、食生活にもよるが、2前半~3後半に該当するという。将来は、放射性物質や重金属が食物連鎖を通じて人体にどれほど取り込まれるかの推計などにも使えると期待される。

 みなさんも理科の教科書で食物連鎖の画像は見たことがあると思います。要は、植物プランクトンは動物プランクトンに食べられ、動物プランクトンは小魚に食べられ…と続いていき最終的にサメやシャチにたどり着くというものです。
 ではこの食物連鎖に人間を置くとどの位置に収まるのしょうか。当然三角形の頂点に位置すると思いがちなんですが、海洋研究開発機構が発表した今回の食物連鎖を数値化した場合だと、なんと人間はイカやクロダイ、イワガニと同等だということがわかりました。

 数値化にあたっては細胞内のアミノ酸に含まれる窒素15というものを使い導きだしています。この窒素15というのは、食物連鎖の上位にいくほど数値が増えていくそうです。窒素15の最大値を5としツノザメが4.8、スズキは4.0と続き、人間は食生活により2~3後半となったそうです。

 確かに、サラダは当然植物でご飯もパンも元々は植物(種)、味噌汁に入っている具もワカメや豆腐、塩、味噌などなどどれも窒素15の数値が低そうなものばかりです。そういったことを考えると、猛獣やサメと比べて低いというのは納得できますね。

参照元:YOMIURI ONLINE(読売新聞)


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2527-575251d4

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.