名門オーケストラの演奏も止めることができる。そう、iPhoneならね。 - EUROPA(エウロパ)

名門オーケストラの演奏も止めることができる。そう、iPhoneならね。

4848.jpg
Photo:New York Philharmonic
 アメリカでiPhoneのアラームが原因でオーケストラの演奏を一時停止させられるというハプニングが発生しました。ちなみにこの時のアラーム音は「マリンバ」だったとのことです。

スポンサーリンク
 ハプニングがあったのは1月10日夜、ニューヨークにあるリンカーンセンターのアヴェリー・フィッシャーホールで名門オーケストラ、ニューヨーク・フィルハーモニックの演奏が行われていた時です。マーラーの交響曲第9番を演奏していた時、突然指揮者が演奏を止めてしまいました。最前列にいた高齢の客のiPhoneから「マリンバ」が鳴り出したのです。

 指揮者は、アラン・ギルバート氏で演奏を止めた後、アラームが鳴り響く客の方を向き不快感を示したといいます。その後、問題の客は男性は60~70歳前後で、二つの会社を経営するビジネスマンだということが分かりました。使い始めたばかりのiPhoneをマナーモードに設定していたものの、演奏中に目覚まし時計機能が鳴り響いてしまったとのことです。しかもこの男性家に帰るまで自分が原因だったとは分からなかったといいます。

 13日付の米紙ニューヨーク・タイムズによると、「男性は後悔の念で2日間眠れなかったと」としていて、12日に指揮者ギルバート氏に対し電話で「本当にひどいことをしてしまった」と謝罪しました。ギルバート氏も男性の謝罪を受け入れたとのことです。オーケストラによると、携帯電話の着信音で演奏を止めたのは初めて。

4847.jpg
写真:アラン・タケシ・ギルバート氏

アラン・ギルバート - Wikipedia
 1967年、ニューヨーク生まれ。父はニューヨーク・フィルハーモニックの元ヴァイオリン奏者マイケル・ギルバート。母も同楽団ヴァイオリン奏者の建部洋子。ジュリアード音楽院とカーティス音楽院で指揮を学び、2009-2010シーズンよりニューヨーク・フィルハーモニックの音楽監督に就任している。

参照元:スポニチエキサイトニュース


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
※記事に関する質問以外、管理人は返信を行いません。
非公開コメント

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2545-cfeaaaaa

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.