アナキン役の子役、「映画のせいで生地獄だった」 - EUROPA(エウロパ)

アナキン役の子役、「映画のせいで生地獄だった」

5201.jpg

 スター・ウォーズEpisode 1でアナキン・スカイウォーカーの子役を演じていたジェイク・ロイド氏(写真中央)。22歳になった現在、「あの映画は子供時代を生き地獄にした」と当時を語っているそうです。

スポンサーリンク
 スターウォーズ Episode 1:ファントムメナスではアナキン・スカイウォーカーの子供時代が描かれています。その時アナキン役を務めたのは子役スターだったジェイク・ロイド(Jake Loyde)氏。しかし、華やかな映画の世界とは異なり現実は相当厳しい環境だったと当時を語ったそうです。

5202.jpg
写真:ジェイク・ロイド氏(22歳)

 現在22歳のジェイク氏は「あの映画が子供時代を生き地獄にした」と、8歳だった頃を語りました。「他の子供たちは僕に意地悪だった。僕を見るとライトセイバーの音を鳴らしたりするんだ。 あれは本当に狂ったようだった」と辛い学校生活を語っています。また私生活につていも「僕の学校生活は本当に生き地獄だった。1日に60回ものインタビューを受けなければならなかった」と述べています。
 ジョージ・ルーカス(George Lucasd)監督についても、「カメラ嫌いになってしまった。こんな種類の作品に出るのはパブリックへの基準があるだろうと大きな期待をするが、ジョージ・ルーカスはそれをしていなかったと思う。僕にとってはあの映画を今振り返って観ることは気持ち悪い感じだ」と撮影時の環境につても良くなかったとしています。

 ジェイク氏この映画を最後に二度と演出しないことを決め俳優から引退、スターウォーズの記念品もすべて捨ててしまったとのことです。

 日本でもここ数年、私生活は一体どうなっているのか想像もつかないくらいテレビやCMに登場する子供がいます。しかし一方で大人になった時、問題行動を起こす人物が存在します。例えば、マコーレー・カルキン氏。ホーム・アローンで人気となった子役はマリファナ所持で逮捕。現在も俳優は続けています。「シックスセンス」や「A.I」で有名になったハーレイ・ジョエル・オスメント氏もマリファナ所持で3年間の保護観察処分。「ターミネーター2」でデビューし人気となったエドワード・ファーロング氏は薬物・アルコール依存症などで問題を起こしています。

 もちろん大多数の子役は何の問題行動を起こさず、現在も俳優や普通の仕事を続けている方が多いんですが、「映画やドラマに出現した」ということで有名になりすぎ、私生活はかなり辛い思いをした人が多いのかもしれません。

参照元:ハリウッド・セレブ・ニュース


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
※記事に関する質問以外、管理人は返信を行いません。
非公開コメント

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2720-0a046ab0

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.