中国のステルス戦闘機、1機あたり1億1000万ドル? - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国のステルス戦闘機、1機あたり1億1000万ドル?

5296.jpg

 中国が試験を進めている中国版ステルス戦闘機J-20について、Canadian and World Studies電子版はJ-20の一機あたりの単価は1億1000万ドルになると記事を掲載しました。

スポンサーリンク
中国国産J-20ステルス戦闘機
 2011年1月、開発が噂されていた中国のステルス機J-20の試作機が四川省成都市にある成都飛機工業公司テスト飛行場に登場し、初飛行が行われました。初飛行から1年が経過した現在、複数回の飛行テストが実施されています。特に最近公開されたJ-20はエンジンに変更が加えられており、上下に動くスラスト・ベクタリングノズル技術(推力偏向)を取り入れたエンジンに取り替えられているといいます。

5293.jpg

5294.jpg
写真は2012年2月28日に行われた試験飛行。2日連続で実施された。

 そして気になる1機あたりの単価についてはロイター社によると、おそらく1億1000万ドル程度になるとしています。また、J-20についてはプロジェクトは順調に進んでおり、おそらく前倒しで定型化し早期に実戦配備することも可能だとも述べています。
 日本が交渉を進めているF-35の単価は1億3100万ドル。F-35は2016年に4機の導入を目指しているんですが、開発が遅れており納入される見込みは殆ど無いとも言われています。

5295.jpg
写真:J-20の降着装置


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2765-ae8f8fe2

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。