「光よりも早いニュートリノ!」と発表した研究グループ、代表辞任へ - EUROPA(エウロパ)

「光よりも早いニュートリノ!」と発表した研究グループ、代表辞任へ

5360.jpg

 去年、CERN(欧州原子核研究機構)の大型実験装置を使用した研究で、「光よりもニュートリノ早い」などと研究結果を発表した研究チームの代表ら2人が辞任することになりました。

スポンサーリンク
光よりも早いニュートリノ?
 アルベルト・アインシュタインの特殊相対性理論を覆す光よりも早い粒子が見つかったかもしれないと、去年の9月頃話題になりました。これは欧州原子核研究機構の世界最大の大型ハドロン衝突型加速器などを使用し導きだされた研究結果でした。総実験回数はなんと1万5000回。この研究を行ったOPERA研究チームは「我々もあらゆる説明を試みた。ミスであってくれればと思ったが、どんな些細なミス、複雑なミス、怪しい要因も見つからなかった」とし“統計的有意性を得た”という理由で発表に至りました。この発表により「タイムトラベルが可能になる」と話題になりなりました。
 しかし、その後ケーブルの緩みや時刻補正のミスなどが見つかったとされ、5月に改めて実験がされるそうなんですが、それを前に動きがありました。

国際研究グループOPERA、代表2名辞任へ
 2日付英科学誌ネイチャーのウェブサイトが伝えた内容によると、同グループは昨年9月に超光速ニュートリノの観測を発表したものの、発表直後から反論が続出していたといいます。このことにより研究グループで内紛が数カ月続き、2012年3月末に2名の不信任投票が行われました。結果は代表をやめさせる3分の2には達しなかったものの、半数を超えており、2名は自発的に辞任することになったということです。
 現在、同研究グループは実験に使った時計とケーブルについて、実験結果に影響する可能性がある「問題」があったと認めています。


 研究者にとって新たな発見というのは最も重要というか目標にしていることでもあると思うんですが、結果として測定する側のミスで辞任ということになってしまいました。個人的には辞任するほど失敗ではないような気もするんですが、今後も新たな発見に向けて挑戦してほしいですね。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
No.1069 名無しさん 2012-08-06 13:25

辞任は大きな損失。

コメントを書き込む
トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2800-b814b589

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.