ロケットの残骸が落下、黄色い有毒ガスが集落を覆う―中国 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロケットの残骸が落下、黄色い有毒ガスが集落を覆う―中国

5367.jpg

 先月31日打ち上げられた長征ロケットの残骸が地上に落下し、近くの集落を黄色い刺激臭のあるガスで覆われていたことが明らかになりました。

スポンサーリンク
 中国・貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州鎮遠県で31日午後、長征3号乙(Long March 3B)の残骸が地上に落下していたことが明らかになりました。ロケットの残骸が地上に落ちることは過去にもあったんですが、今回は推進剤がある程度残っていたらしく、強い毒性のあるガスが近くの集落を包んでいたとのことです。

 問題のロケットは四川省にある西昌衛星発射センターから午後6時27分に打ち上げられたものです。ロケットには通信衛星「亜太(Apster=APスター)7号」が搭載されており、打ち上げ自体は成功したとのことです。しかし、打ち上げを行なってから7分後、鎮遠県にはロケットの残骸が降って来ました。

 実際に地上に落下したのは午後6時34分頃とされているんですが、住民によると上空に白い煙の帯が見え、続いて数回に分けて爆音が鳴り響いたといいます。その後、上空に白い物体が見え「どんどん大きくなりながら、こちらに向かってきた」といいます。これを見た住民は「直撃を受ける」と思い、驚いて泣き出す住民や、子どもを抱いてできるだけ遠くに逃げようと駆け出す人もでるなど、パニック状態だったそうです。

5368.jpg

 問題のロケットの残骸は激しい音と共に小川の近くに落ち、2つは山の斜面に突き刺さり、もう2つは水田に落下したといいます。すると、たちまち黄色い霧状の物を吹き出したといいます。
 同地域では、打ち上げに伴うロケットの残骸の落下が予測され、緊急指揮部も設けられていたとのことです。係員が現場に訪れたときは周辺は黄色い霧に覆われていたといいます。「我慢できない刺激臭だった。霧に覆われて、落下物もよく見えなかった」、「度胸がすわっている者は、息をとめて落下物に近づき、形や落ちている状況を確認した」といいます。

5369.jpg

 中国国家航天局の担当者は、落下した物体は亜太7号を打ち上げたロケットの一部と確認し、「村人を驚かせたが、家屋などの損害は発生しなかった。人々の生命と財産に影響は出なかった」と述べたそうです。
 この「黄色い霧」は、正しくは赤煙硝酸というらしく、ロケットの酸化剤として使われる硝酸に、四酸化二窒素、フッ化水素などを加えた物質です。赤煙硝酸は強い腐食性を有し金属容器までも腐食します。毒性は極めて強く、眼、皮膚、粘膜を侵し蒸気を吸入した場合は呼吸器障害を引き起こすとされています。

参照元:レコードチャイナサーチナ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/2805-0debab78

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。