下水が詰まったので硫酸を流してみた―韓国 - EUROPA(エウロパ)

下水が詰まったので硫酸を流してみた―韓国

5390.jpg

 天井から落ちてくる水滴…。水かと思いきや、実は硫酸だったという出来事が韓国でありました。なんと上階に住む人間が下水溝に硫酸を流し詰まりを解消しようとしていたそうです。

スポンサーリンク
流した硫酸
 4月9日、韓国全羅北道の全州市で下水が詰まったという理由で下水溝に硫酸を流し、下階に住む住民に被害を与えた65歳のK氏を拘束しました。

 K氏が住んでいたのはワンルームの3階で、7日に下水管が詰まっていたことに気付いたといいます。ここで何を思ったのかK氏は下水管を通すため、家にあった濃硫酸を薄め下水溝に直接流しこみました。しかし、流し込んだ硫酸が下水溝のパイプを溶かし始め、しばらくすると2階の天井に流れ出してしまいます。

 漏れ出した硫酸は下階の住民を襲い、丁度その下で寝ていたNさん(29歳女性)と18ヶ月の息子の顔にポタポタと落ち始めました。結果、Nさんと息子は火傷を負い近くの病院に搬送、治療を受けたとのことです。9日、全州・完山(ワンサン)警察署はK氏に対し、過失致傷の疑いで書類送検しました。

 濃硫酸が一般家庭にあるということに驚きなんですが、それを下水溝に流すという全くの無知から下階の住民に被害を与えてしまいました。海外ではそこら辺にある水には触れないようにしたほうがいいのかもしれません。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.