「輸入品なら安全!」→基準超の発がん染料見つかる―中国 - EUROPA(エウロパ)

「輸入品なら安全!」→基準超の発がん染料見つかる―中国

5413.jpg

 中国の工商局が韓国から輸入された服飾品を検査した所、サンプルの半数から中国の安全基準を満たしていなかったと発表しました。

スポンサーリンク
 中国の食べ物については以前から危険性が指摘されていましたが、最近は中国国内で生産された衣服や化粧品、香水からも人体に有害な物質が見つかっています。そこで、「輸入品なら大丈夫だろう」と海外で生産された物を買う人もいると思うんですが、残念ながらそうではなかったというのが今回の記事です。

 中国浙江省の工商局は、韓国から輸入した服飾品を対象に品質検査を行いました。公表された調査結果によると、同省の杭州市と寧波市、温州市の3都市で行ったサンプリング調査でなんと50%が中国の安全基準を満たしていない製品だったとしています。

 問題があった製品はワンピースやズボン、スーツ、カーディガンなど様々。着色にも問題があり基準を満たさなかった製品は簡単に色落したといいます。また、調査を行ったサンプルの中からは発がん性のある染料も見つかっており、数値にすると基準の30倍超のものも含まれていたとしています。

 最近は日本でも韓流などと韓国で生産された衣服が輸入されているそうなんですが、それらは安全基準を満たしているものなのか、そもそも検査はしているのか不安になりますね。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.