病気で死んだ豚を加工、業者に販売―中国 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気で死んだ豚を加工、業者に販売―中国

5441.jpg

 ゴミだろうがなんだろうが食べ物ににしていまうエコ都市が多い中国で、新たな再利用が見つかりました。今回は病気で死んだ豚さんです。なんとこの豚をさばき市場や工場の納品していた業者が摘発されました。

スポンサーリンク
闇豚肉加工業者
 19日、中国・広東省深セン市光明新区にある違法豚肉加工業者が摘発されました。南方都市報が報じた内容によるとこの違法業者は毎日深夜になると病気で死んだ豚をさばき市場や工場に納品していたといいます。量は豚1頭あたり100kgの肉を取り、業者は毎日50頭、約5トンの肉を加工していたとのことです。

5442.jpg
写真:作業現場

 悪質な業者の違法行為に気づいた記者の通報により、ここで働く18人が逮捕されました。警察当局は2トンの豚肉と5頭の死んだ豚肉を押収しました。近辺に住む住民によると、この業者は数年前からあったものの豚の鳴き声を聞いたことはなかったととのことです。

通報するとお金が貰える中国
 2011年7月、中国国務院食品安全委員会は「食品安全通報褒賞制度に関する指導意見」というものを出しました。どのようなものかというと、食べ物に非合法の添加物の使用や添加物の乱用、今回のような病死した家畜の加工や販売、その他食品偽装販売などを行なっている者を当局に通報すると奨励金が貰えるというものです。この制度には通報した者への報復行為を行った場合の罰則や捏造した通報についても法的責任を追求することも記載されているとのことです。

参照元:レコードチャイナ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。