「偽物を取り締まりたい」と警察学校に入校→学校自体が偽物だった - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「偽物を取り締まりたい」と警察学校に入校→学校自体が偽物だった

5447.jpg

 中国における偽物は食べ物や家電が有名ですが、実際はその範囲を超えて救急車やタクシー、市内を走るバスまでも偽物という場合があります。そんな偽物大国の中国、次は偽物の学校まで登場してしまいました。

スポンサーリンク
摘発された偽警察学校
 摘発されたのは山東省イ坊市にあった自称「山東省分校」。なんとこの分校は警察学校を名乗り営業していたといいます。偽警察学校では3年間の警察教育を行うプログラムが組まれていたそうで、学費は日本円で26万円だったとのことです。

 問題の偽警察学校は公式のウェブサイトを設けていたそうなんですが、写真自体は本物の警察学校から拝借したもの掲載。講師として元警察官が指導するということになっていたんですが、制服についてはネットで調達。もちろん講師自体が本物であるわけがなく、退役した軍人を雇っていたそうです。

おとり捜査を行なってみたところ…
 2011年9月、入学者の親から「怪しい」と通報があり、地元警察はおとり捜査官を派遣することになりました。2人の女性警察官は入学希望者を装い、名誉校長と自称する趙という男と接触。男は「自分は警察の幹部に知り合いがいる。就職について心配することはない」と、“コネ”もあると自信げに話していたといいます。

 結果、校長の趙を含む23人を逮捕。偽警察学校の生徒の1人は「ニセのブランド品を取り締まる仕事ができると思ったら学校自体がニセモノだった」と悔やんでいるそうです。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。