サハラ砂漠で車が故障、分解してバイクを作り生還した男 - EUROPA(エウロパ)

サハラ砂漠で車が故障、分解してバイクを作り生還した男

5710.jpg

 サハラ砂漠を車で横断しようとしていたところ車が故障。近くの村まで数十キロ。食料、水が少なくなる中、彼は車を分解しバイクを作りました。

スポンサーリンク
車からバイクを作った男
 1993年、フランス人エミル・ルレイはモロッコ南部の都市、タン・タンを出発しサハラ砂漠を縦断しようとしていました。しかしこの時期、モロッコは内戦で軍事的な緊張が高まっており、現地で活動していた「フランス国家憲兵隊」によりタン・タンに引き返すように指示されました。しかし、ルレイ氏は彼は軍の指示を聞き入れませんでした。

 ルレイ氏は正規のルートを大きく迂回して、旅を続けることに決めオフロードタイプの車ではない「シトロエン2CV」というクラシックタイプの車で、道無き道を進むことになりました。

 しかし、ある程度進んだろところで車が故障。近い村までは数十キロ。幸い10日分の水と食料を携えていたものの歩いて行くには持てる量に限界があります。しかし、このままこの場に居続けては先が見えている状態です。そして、彼は車を分解しバイクを作ることに決めました。

 車のホイールアームを逆さまにしてシャーシを取り付け、ギアボックスとエンジンを搭載。そしてバーをハンドル代わりにし、ガスタンクとバッテリーをうまくのせてほぼ完成したのである。車の構造がシンプルであったこともあり、彼のバイク作りの助けになったといいます。

5711.jpg
写真:解体されたシトロエン2CVとルレイ氏、背後には造り上げたバイクが見える

5712.jpg
写真:ルレイ氏が造り上げたバイク。ナンバープレートを取り付ける暇はあったのだろうか…。

 彼は当初3日でバイクを作ると計画を立てるも、流石に無理だったらしく12日かかってしまいました。急いで出発し、なんとか無事に村に辿りつけたといいます。村に着いたときは底をつき、水は残り500ミリリットルしかありませんでした。

この出来事についてネットではこのような反応がありました。
・なんか溶接してるような…
・車載工具だけで分解なんかできないだろ
・マッドマックスの世界になったら生き残れるタイプ
・これで頭モヒカンにして、とげとげアーマー着れば完璧だな
・工具なしでバイク新たに作るより車直すほうが早くないか?
・ベア・グリルスなら歩いて帰ってきたはず
・2CVで砂漠に分け入ろうとした前提からしてネタ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.