「緑色が落ちない!」体に塗ったのは工業用に使われる塗料だった - EUROPA(エウロパ)

「緑色が落ちない!」体に塗ったのは工業用に使われる塗料だった

4221.jpg

 ハルク姿になってイベントに参加したブラジル人男性。体に緑の塗料を塗って参加したものの、その塗料はなんと弾道ミサイルや潜水艦に使用される工業用の塗料でした。

 サンパウロ州ヴィラ・クルゼイロに住む35歳の男性エンリケ・ドス・サントスさん。サントスさんは5月27日、地元で開催されるイベントに全身緑色の“超人ハルク”になって参加しようとしました。サントスさんは去年もハルク姿で参加したらしく、「以前使用したことのある塗料と同じものを買おう」とお店に向かいました。

お店になかった去年と同じ塗料 
 しかし、残念ながらお店に希望の塗料はありませんでした。そこでお店から勧められたのは、昨年のものとは違う商品でした。店員に「体に塗る」と説明し、腕に試し塗りも行った上で塗料を購入。イベント当日は上半身に勧められた塗料を塗り無事にハルク姿になれたそうです。しかし、イベントが終わり塗料を落とそうとシャワーを浴びた所、予想外のことが発生しました。

色が落ちない
 サントスさんがシャワールームで目撃したのは、人間に戻れない自分の体でした。洗っても洗っても緑色の塗料が落ちず慌てて塗料の説明書を読んだ所、なんとそこには弾道ミサイルや原子力潜水艦に使われるという強力な工業用塗料と書かれていたのです。
 シャワーを浴びること2日で20回。それでもサントスさんは人間に戻ることは出来なかったようで、結局お腹から上が緑色のまま生活するハメになってしまいました。そんな彼の噂は近所に広まり「有名人」になってしまいました。また、多くの地元メディアが駆けつけサントスさんを取材。とある記事には母親と一緒に塗料を流す写真が添えられるも、何故かガールフレンドと紹介されるという誤報もあったとのことです。

5755.jpg
写真:ガールフレンドではなく母親とサントスさん

 サントスさんは地元ラジオ局でDJとして肩書き持っており、自分の名前があちこちで呼ばれ今回の騒ぎに対して「後悔はない」とコメントしているそうです。
 その後、サントスさんは友人らの助けを狩り24時間体を洗い続け塗料を落とすことができたとのこといいます。

5756.jpg

参照元:ナリナリドットコム


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.