イタリア最後の戦艦『ローマ』、海底で残骸発見 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア最後の戦艦『ローマ』、海底で残骸発見

5939.jpg

イタリア海軍は6月28日、サルデーニャ島沖で第二次世界大戦時に沈没した自国の戦艦「ローマ」の残骸を発見したと発表しました。
今回は海底で見つかったイタリア最後の戦艦を紹介していきます。

スポンサーリンク

引用:イタリア版「戦艦大和」、海底で残骸を発見 国際ニュース : AFPBB News

【6月29日 AFP】イタリア海軍は28日、サルデーニャ(Sardinia)島沖で第二次世界大戦でドイツ軍の爆撃を受け沈没したイタリアの戦艦「ローマ(Roma)」の残骸を発見したと発表した。「ローマ」は日本の戦艦大和を上回る射程距離42.8キロの主砲を備え、当時のイタリア軍の最新鋭艦だった。

 発見場所はサルデーニャ島の北方沖30キロメートルほどの水深1000メートルの海底。イタリア人技術者の開発した潜水ロボット「Pluto Palla」がその姿を確認した。

「ローマ」がドイツ軍戦闘機の爆撃を受け沈没したのは、進水からわずか1年3か月後の1943年9月9日。乗員1352人が死亡し、助かったのは662人だけだったという。その少し前、イタリアでは独裁体制を築いていたベニート・ムソリーニ(Benito Mussolini)が権力の座から追放され、日独伊三国同盟を脱退していた。(c)AFP

ヴィットリオ・ヴェネト級戦艦 ローマ
5935.jpg

イタリア王国海軍が竣工し就役したヴィットリオ・ヴェネト級戦艦「ローマ」です。ヴィットリオ・ヴェネト級戦艦はヴィットリオ・ヴェネト、リットリオ、インペロ、ローマの4艦が建造。このクラスでは最大サイズとなる予定だったインペロは未就役(未完成)のまま戦争を終えています。
ローマはその中でもイタリア王国海軍、最後に就役した戦艦で全長は237.8メートル、主砲は50口径381mm砲9門。最大射程は42.8kmとされ日本海軍が建造した戦艦、大和を上回るとされていました。

誘導爆弾で沈められた最初の戦艦
1942年6月14日に就役したローマは1943年9月9日にドイツ空軍の攻撃(2発の誘導爆弾)により撃沈されています。
43年、イタリアは連合国に降伏し、同年9月9日にはイタリア艦隊が連合軍に投降し始めました。ドイツはこれを阻止するためドイツ第100爆撃航空団第3飛行隊所属の爆撃機が攻撃を行いました。この作戦で使用されたのはドルニエ Do 217という爆撃機だったといわれており、機体にはフリッツXという当時最新兵器であった無線誘導爆弾が搭載されていました。

5931.jpg
写真:ドルニエ Do 217

5933.jpg
写真:フリッツX(重量1.5トン)

5940.jpg
画像:フリッツXが着弾した位置

高高度から投下されたフリッツXはローマの真上まで誘導され急降下、音速に近い速度で戦艦ローマに直撃し甲板と側面を貫通、艦内部で爆発しました。2発目は2番砲塔と艦橋の間の左甲板に命中し砲塔が爆発、艦が激しく炎上しました。その後、前部弾薬庫の弾薬に引火し、同日午後4時12分に沈没しました。(死者1,350名、負傷者596名)

5934.jpg
写真:フリッツXの命中により炎上するローマ(2発目、2番砲塔爆発)

以下は沈没までの写真。
5941.jpg
大きく傾くローマ。2番砲塔が吹き飛んでいるようにも見える。

5942.jpg
5943.jpg
5944.jpg

その他、3隻のヴィットリオ・ヴェネト級戦艦はスクラップとして廃棄されています。以下はローマの画像。

5936.jpg

5937.jpg

5938.jpg

参考:ウィキペディアAll the World's Battlecruisers


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。