火星サイズの惑星、地球の間近で発見 - EUROPA(エウロパ)

火星サイズの惑星、地球の間近で発見

6101.jpg

 近年、観測技術の向上で多数の太陽系外惑星が発見されていますが、今回見つかったのは地球よりも小さく火星よりも大きいというサイズの惑星です。そして興味深いのは、これまで発見された小型の惑星のなかでは太陽系に最も近いうことです。

スポンサーリンク
見つかった火星サイズ惑星
 NASAはスピッツァー宇宙望遠鏡を使用しGJ 436bという惑星を観測したたところ、偶然にも別の惑星を見つけたと発表しました。今回見つかった惑星は火星サイズの惑星で、地球より小型の惑星としてはこれまで見つかった中で最も地球から近い距離にあるとのことです。
 この天体は研究チームの所属するセントラルフロリダ大学(UCF)にちなんでUCF-1.01と命名されました。

UCF-1.01
6102.jpg
画像:UCF-1.01のイメージ

 地球から見てしし座方向、地球から33光年離れた所で見つかったUCF-1.01の直径は約8400キロ。体積は地球の1/4程度と推定されています。気になる生命の存在なんですが、残念ながらこの惑星は地球や火星とは全く違う環境にあります。UCF-1.01の公転周期は僅か1.4日。つまり、恒星に近い軌道を短時間で公転しているという、太陽系では見られてない惑星です。
 研究を主導しているシカゴ大学に所属する惑星科学者ケビン・スティーブンソン氏は「この惑星と主星(恒星)を隔てる距離は、地球と月の間の距離の7倍しかない」とし、「地表の温度は摂氏540度に達している可能性がある。これほどの高温であれば、表面が溶岩の海になっているかもしれない」と、地球や火星とは全く異なる惑星であると説明しています。

GJ 436b
 元々スピッツァー宇宙望遠鏡を使用し観測していた天体はGJ 436b(グリーゼ436b)という惑星です。2004年8月31日、カーネギー研究所とカリフォルニア大学バークレー校の惑星探査チームにより発見されました。直径は5万5000km、質量は地球の22倍です。恒星の約400万km離れたところを公転し2.6日で一周しています。

6100.jpg
画像:GJ 436bのイメージ

6099.jpg
画像:地球とGJ 436bのサイズ比較

参照元:ナショナルジオグラフィック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.