音楽を聞くと身体能力が向上する - EUROPA(エウロパ)

音楽を聞くと身体能力が向上する

6221.jpg

 ロンドン五輪が開幕中ですが、テレビに映る選手を見て音楽を聴きながら入場する選手が意外と多いことに気づいたひとも多いと思います。最新の研究では音楽と人間の身体能力に関係性があることが分かっているそうです。

音楽は合法的なドーピング
 音楽を聞きながら体を動かしたり作業した経験は皆さんあると思います。実は、音楽と身体能力は深く関係していることが明らかになっているそうです。スポーツ心理学者で一流アスリートがどのように音楽を使用しているかを研究する世界有数の専門家Costas Karageorghis氏は、音楽は「アスリートにとって合法的なドーピングのようなもの」と表現しています。

 具体的にどのような効果があるのかという点なんですが、スポーツ心理学の専門誌に掲載された研究結果によると、米歌手マドンナや英ロックバンド「クイーン」などの曲をランナーに聴かせたところ、走る距離や時間が伸びたといいます。また別の研究でも、走行距離が18%伸び、音楽には持久運動能力を向上させる効果があることが実証されています。

 Karageorghis氏はこの他にも、アスリートにとって最大の敵とされる思考について、音楽を聴きことでネガティブ思考から遮断し、競技に集中させるという効果もあるとしています。Karageorghis氏によると、アスリートがトレーニングや競技前に音楽を取り入れるようになったのは、1970年代後半にソニーの携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」が登場してから。「それ以来、音楽は爆発的に利用されるようになった」という。


 もちろん、一流のアスリートでなくとも私達も当然同じ人間ですので音楽を聴きことで一定の効果があることは間違いありません。ただし、音楽を聴きながらスポーツをするときは周囲の安全には十分注意するようにしましょう。

参照元:エキサイトニュース
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.