無人偵察機「グローバルホーク」導入へ―日本 - EUROPA(エウロパ)

無人偵察機「グローバルホーク」導入へ―日本

6363.jpg

 日本政府はアメリカが開発した高高度滞空型無人偵察機グローバルホークを2016~20年度に導入する方向で検討に入りました。

スポンサーリンク
 政府は18日、次期中期防衛力整備計画(16~20年度)期間中に米国の高高度滞空型無人偵察機グローバルホーク(RQ-4)を導入する方向で検討に入っていることを明らかにしました。計画としては、グローバルホーク3機と情報解析装置1基で運用を想定しており、費用は数百億円規模。同システムはアメリカと共同運用も検討されているとのことです。

 防衛省は有人のP3C対潜哨戒機やRF4E偵察機で日本周辺の警戒監視を行なっているものの、中国が海軍艦艇部隊 による太平洋への進出を常態化させるなど活動を活発化しており、「P3Cなど現在の態勢では追いつかなくなりつつある」と述べているといいます。さらに、中国でも無人機の飛行訓練を行なっており、日本も高性能な無人機を導入する必要があると判断したとのことです。

 無人偵察機の導入については2010年度から開始されています。日米両政府は今月3日、ワシントンで森本敏防衛相とパネッタ国防長官が会談し、無人機を含め共同の警戒監視活動について検討を深めることで合意しました。

RQ-4 グローバルホーク
RQ-4 Global Hawk

 ノースロップ・グラマン社によって開発された無人航空機。全長13.5m、全幅35.4m、重量は6710kg。巡航速度は648km/hで航続距離は2万km以上です。グローバルホークは約1万8千メートルの高高度を飛行し、約560キロ先まで見通す偵察能力があると言われています。
 最近では、東日本地震後の原発事故把握のため、グアムのアンダーセン基地に配備している機体が飛来し、上空から原発建屋の撮影を行なっています。

04-2105 Northrop Grumman RQ-4 Global Hawk

110526-F-YQ806-058

The RQ-4 Global Hawk

参照元:毎日新聞Wikipedia


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.