金採掘業者ら先住民を虐殺か - EUROPA(エウロパ)

金採掘業者ら先住民を虐殺か

6453.jpg

 ベネズエラのアマゾン密林地域で金採掘業者らが先住民を多数殺害していることが明らかになりました。

 先住民保護活動を続けている英国の非政府組織『サバイバル・インターナショナル』によると、南米ベネズエラのブラジル国境に近いアマゾン密林地域に暮らす先住民“ヤノマミ民族”が、金採掘業者らに虐殺されていると発表しました。

 同民族関係者から得た情報によると、ベネズエラ南部の集落で7月、業者らにより80人近くが殺害され生き延びたのは3人だけだったとしています。ただ、同民族には明確な数の概念がなく、正確な人数などは不明。現場では遺体や人骨、集落の巨大家屋が燃やされていたとのことです。

 一部情報によると、金採掘業者らはブラジル側からヘリコプターで現地に入り集落を襲ったとみられ、地元検察当局が捜査を始めたとのことです。

 このような事件は初めてではなく、アマゾン先住民は木材違法伐採業者や金採掘業者らに土地を奪われたり、殺害される事件が後を絶たないとのこと。同組織によると、1993年にもブラジルのヤノマミ集落で16人が金採掘業者に虐殺されたとしています。

ヤノマミ族
6452.jpg
 ヤノマミ族はアマゾンの熱帯雨林からオリノコ川にかけてひろく居住している南米の原住民族の一部族。狩猟と採集を主な生活手段にしている。彼らの住居は、シャボノと呼ばれる巨大な木と藁葺きの家である。シャボノは円形で、中央の広場をぐるっと囲む形になっており、多くの家族がその中でそれぞれのスペースを割り当てられていっしょに暮らしている。
 近年、ヤノマミ族の居住地域で金が発見され、鉱夫の流入は疾病、アルコール中毒、暴力をもたらした。


B003MUWJ72NHK-DVD ヤノマミ~奥アマゾン 原初の森に生きる~[劇場版]
コロムビアミュージックエンタテインメント 2010-08-04

by G-Tools


参照元:産経ニュース
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.