世界最長、256人乗りバス―ドイツ - EUROPA(エウロパ)

世界最長、256人乗りバス―ドイツ

6474.jpg

 バスといえば二階建てや2台がくっ付いたようなものがありますよね。ドイツのとある研究所が今回試作したバスは世界最長という全長31mメートル。最大256人が搭乗できる仕様になっているそうです。

スポンサーリンク
 ドイツのフラウンホーファー研究所が開発したのは世界最長という全長31m、256人乗りというバスです。「オート・トラム・エクストラ・グランド」という名前がついているんですが、この研究所ではバスは都市交通と社会システムの研究しており、北京市と上海市は市バスにこのバスを投入し、実用的かどうかを検証するため試作車を製造したとのことです。

6475.jpg


 「交差点はどうやって曲がるの?」と疑問が湧くんですが、そこはドイツ。ちゃんと考えて設計されています。研究所の部長であるマティアス・クリングナー氏は、「このバスはノウハウの塊です。すみずみまでコンピュータ制御が行き届いています。」と述べています。具体的には、コンピュータで各車両が細かく制御され、前方の車両に無駄なく追従するように動作するため、従来の12m足らずの都市バスと同じような機動性を確保できるとしています。

NV-DD - AutoTram Göppel Praesentation (22.08.2012)


 エンジンとモータを載せたハイブリッドバス「オート・トラム・エクストラ・グランド」は、現在ドイツのドレスデンで試運転中。すでに北京市と上海市から注文を受けているとのこと。ちなみに一台の価格は5億円するそうです。

参照元:Lucifer's Diary


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.