オランダの北朝鮮食堂、破産 - EUROPA(エウロパ)

オランダの北朝鮮食堂、破産

5062.jpg

 2012年1月にオープンしたオランダ、アムステルダムにある北朝鮮食堂「ピョンヤン・レストラン・アムステルダム」が今月、賃金の不払いを理由に裁判所から破産宣告をされていたそうです。

スポンサーリンク
 オランダ紙フォルクスクラントが5日に報じた内容によると、欧州で初めてとなる北朝鮮食堂ピョンヤン・レストラン・アムステルダムは、北朝鮮から呼び寄せた従業員側が賃金の不払い理由に訴えられていたらしく、この裁判で裁判所から破産宣告を受けたと報じました。
 また、同紙によると8月には店の備品などを持ち出そうとした従業員が警察に一時拘束される騒ぎも起きているとのことです。

ピョンヤン・レストラン・アムステルダムとは
 米政府系の自由アジア放送(RFA)が報じた内容によると、ピョンヤン・レストラン・アムステルダムはオランダのホテル事業家2人により1月28日にオープンしました。現地の事業免許には2人が社長と記されているものの、実質的には北朝鮮との共同経営になっているしています。

 中国や東アジア圏には同様の北朝鮮食堂が50軒以上あるとされ、アムステルダムの店も同様に北朝鮮の女性従業員が食事を配膳したり歌や踊りを提供していました。予約制で、メニューは日本食など9種類の料理で構成された高級コース料理のみ。価格は1人あたり79ユーロ(約8000円)程度。

 その他私が調べたところでは、食堂のシェフは日本の著名なレストランで数年、知識を身につけるため働いた人物とされ、出されているのは日本の寿司やキムチ、牡蠣料理、ベジタリアン向けの料理など9つの定食。価格は1人前79ユーロ(8,000円)と49ユーロ(5,000円)に分けられていました。

ピョンヤン・レストラン・アムステルダ
pyongyangrestaurant.com


Noord- Koreaans restaurant Pyongyang / Amsterdam


参照元:YOMIURI ONLINE


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.