「中国人としての愛国心はいらない」3万人あまりが抗議活動―香港 - EUROPA(エウロパ)

「中国人としての愛国心はいらない」3万人あまりが抗議活動―香港

6502.jpg

 香港で2012年9月から導入される見込みだった国民教育、いわゆる中国人としての愛国心教育について、これに反対する学生約12万人(警察発表3万6000人)が香港特区政府庁舎前で抗議活動を行いました。

スポンサーリンク
 香港政府トップの梁振英行政長官は8日夜、緊急記者会見を開き、中国人としての愛国心を学校で教える「国民教育」課程の今年度からの導入計画を、事実上撤回しました。

 国民教育は中国人としての愛国心を教える授業で、今年9月から導入され、3年後には全面採用される予定でした。しかし、今年6月、学校に配布された国民教育のパンフレットに「中国の統治集団は進歩的かつ無私であり、団結している」「米国は政党間の争いがひどく、市民は不利益を被っている」など、中国の一党独裁を美化した内容が記載されていたことが原因で批判が広がりました。

6501.jpg

 国民教育が開始される目前の8月30日には香港特区政府庁舎前で学生らによる抗議活動が展開されました。黒い服を着て抗議の意思を示そうとの呼びかけに現場は黒一色に染まり、9月7日の夜には主催者発表で12万人(警察発表で3万6000人)が集まる騒ぎとなりました。

 翌8日夜に梁長官は緊急記者会見を開き、国民教育の導入については各学校の判断に任せることと、3年後の全面導入といった期間は設けない方針を述べ、国民教育の導入計画を撤回しました。

 梁長官は親中派としられ、9日投開票の立法会(議会)選でこの問題が焦点となってきたことから、民主派が議席数を伸ばすことを懸念、撤回を決めたとみられています。ちなみに、先月沖縄県の尖閣諸島に上陸した活動家保釣行動委員会の曾健成も、民主派として立法会選に立候補しています。

6503.jpg
保釣行動委員会 曾健成

参照元:レコードチャイナ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.