暴力的なゲームは苦痛や不快に対する耐性を向上させる - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴力的なゲームは苦痛や不快に対する耐性を向上させる

6505.jpg

 仮想空間で敵を殺傷するいわゆる「暴力ゲーム」が実社会でも犯罪につながると一部学者が主張していますよね。一方、これら暴力ゲームをプレイすることで、プレイヤーの自身の苦痛や不快に対する耐性を65%ほど向上させるという研究結果が発表されました。

スポンサーリンク
 イギリス、キール大学では40人の被験者の協力のもとで実験を行い、暴力的なゲームであるFPS(一人称視点のシューティングゲーム)を行ったグループと、非暴力的な普通のゴルフゲームを行ったグループとに分かれ、10分間それぞれゲームをプレイしてもらいました。

 その後、冷たい水に手をつけてどれだけ耐えられるかというテストを全員に行ったところ、FPSをプレイしたグループはそうでないグループに比べて65%ほどより長く耐えられたとのことです。つまり、暴力的なゲームを行うことで苦痛に対する耐性が向上するという結果が得られたとしています。

一般的なFPSの例


 苦痛に対する耐性が向上したことに加え、心拍数も上昇していることが判明したといいます。研究者は、苦痛に対する耐性や心拍数の向上は、人体がストレスに対して立ち向かったり回避したりする反応によるものであると考察し、これを応用することで苦痛を取り除いたり和らげる技術を確立できると考えているそうです。


 こういったゲームに関する研究は他にもあり、ロチェスター大学の認知科学者らの研究では、同様のFPSは人の判断速度を25%ほど早める効果があるとし、これらの能力はマルチタスキング・運転・小さな文字を読む・人ごみの中で同伴者を見失わない・道に迷わないなど、日常生活で役立つさまざまなスキルを向上させると述べています。

 また、アメリカでは戦争でPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患った人に対し、VR(バーチャルリアリティ)治療とし、FPSが利用されています。サンディエゴ海軍医療センターで『健康心理学プログラム』の責任者を務めるジェイムズ・L・スパイラ博士によると「VRシステムを使いだしたこの1年間は、今までにないほど効果的な治療ができている。これまでになし得たどんな治療よりも効果的だと自信を持って断言できる」と述べています。

参照元:Lucifer's Diary


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。