四本足ロボットの野外試験が行われる - EUROPA(エウロパ)

四本足ロボットの野外試験が行われる

6518.jpg

 「一度見たら忘れない」という人も多い、アメリカのボストンダイナミクス社が開発しているLS3。この4本足ロボが野外で歩行試験を行っている様子が公開されました。

LS3
 「Legged Squad Support System(多足分隊支援システム)」として開発されたのはLS3という4本足ロボです。LS3はボストンダイナミクス社とアメリカ国防高等研究計画局、そしてアメリカ海兵隊により資金提供され共同開発が進められています。

 LS3は兵隊の荷物を“肩代わり”するために開発されているロボットで、過去に行われた試験では、補給なしで400ポンド(約180キログラム)を背負って24時間以上、20マイル(約32キロ)を移動することに成功しています。

LS3 - Legged Squad Support System


 今回は新たに人を追っかけるセンサーが追加され、そのテストを行う様子が公開されました。

ボストンダイナミクス社
 ボストンダイナミックス社は、マサチューセッツ工科大学からスピンアウトして1992年に設立されたベンチャー企業です。元MIT教授で現ボストン・ダイナミックス社、社長のマーク・レイバート博士は、「3D One-Leg Hopper」をはじめとする、一本足で跳躍したり宙返りしたりする脚型ロボットを開発したことで非常に有名で、ロボット工学の関連書物には必ず名前が出てくる権威です。

 最近では、ソニーのエンターテインメントロボットAIBOやSDR-4などに技術を提供したことでも知られています。ボストン・ダイナミックス社が提供するヒューマン・シミュレーション技術は、このレイバート博士のロボット工学の技術が基となって開発されているものです。

ボストンダイナミクス社が開発しているPETMAN

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.