かわいい画像を見た後は集中力が上がる - EUROPA(エウロパ)

かわいい画像を見た後は集中力が上がる

6640.jpg

 「この写真を見て「かわいいな~」と思った人!今集中力があがっていますよ!!」と、そんな研究結果を広島大学大学院の入戸野宏准教授らが発表しました。

 広島大学大学院総合科学研究科、入戸野宏准教授らの研究グループは大学生132人に対し子犬や子猫の写真を見た後とそうではない時の、手先の器用さや注意力が必要な3種類の実験を行いました。

 このうち、穴に入った小さなパーツを周囲に触れずにピンセットを使ってつまみ出すというゲームでは写真を見なかった場合に比べ成功率は44%向上、規則性のない10桁の数字の列から指定された数字を探して数える実験では、成績が16%向上したとのことです。

 結果について研究グループでは、「写真で感じる「かわいい」という感情は、対象に接近して詳しく知ろうとする気持ちを起こさせ、集中力を高める効果もあるのではないか」と分析しています。入戸野准教授は「『かわいい』が、仕事の能率を上げるなどの効果があれば、活用の場がさらに広がる。研究を進め、『かわいい』がもたらす効果を実証していきたい」と話しています。

 最近、ネコやイヌといった動物が動画投稿サイトやテレビなど紹介され、見る機会が多いような気がします。もちろん動物以外でも見ていてカワイイと感じることはあるんですが、そのような対象でも同様な効果が得られるのでしょうか。

6641.jpg

広島大学大学院総合科学研究科・准教授
入戸野 宏 (にっとの ひろし)

【研究概要】
日常生活における人間の心理活動について、「主観-生理-行動」の3側面から検討しています。脳波と事象関連電位を中心に、自律神経系指標や行動指標、質問紙調査も利用して、多角的なアプローチを行っています。現在は、「かわいい」感情の機能、視覚刺激に対する興味、コンピュータ操作時の心理状態などを研究しています。

参照元:NHKニュース

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.